Information

  1. [掲載情報]「コンシューマーゲームを作りたい!」…次なる“体験”の提供を目指す アカツキ×カヤック TOP対談(後編)

    Pick UPs!の原孝則が取材・執筆を担当いたしましたセミナー記事「【特集】「コンシューマーゲームを作りたい!」…次なる“体験”の提供を目指す アカツキ×カヤック TOP対談(後編)」が、Social Game Infoに掲載されました。…

  2. [掲載情報]アカツキ×カヤック TOP対談(前編) ソーシャルゲーム黎明期からヒットゲームアプリ創出まで、両社の歩みを赤裸々に語る

    Pick UPs!の原孝則が取材・執筆を担当いたしましたセミナー記事「【特集】アカツキ×カヤック T…

  3. [掲載情報]韓国発の『HIT』が日本で大ヒット 間口を広げるためにネクソンが行ったカルチャライズとは

    Pick UPs!の原孝則が取材・執筆を担当いたしましたインタビュー記事「韓国発の『HIT』が日本で…

  4. [掲載情報]垂直的な立ち上がりを見せた『ダービースタリオン マスターズ』 ヒットの要因を開発・マーケティングの観点から探る

    Pick UPs!の原孝則が取材・執筆を担当いたしましたインタビュー記事「垂直的な立ち上がりを見せた…

  5. [掲載情報]売れるゲームと面白いゲーム…『激突!クラッシュファイト』終了から見るゲーム開発現場の最前線【〇〇サービス終了 – 後編】

    Pick UPs!の原孝則が取材・執筆を担当いたしました対談記事「売れるゲームと面白いゲーム…『激突…

  6. [掲載情報]正式サービスを迎える前に終了…ポケラボ『激突!クラッシュファイト』が下した決断【〇〇サービス終了 – 前編】

  7. [掲載情報]レベルファイブのデザイナーが語るクリエイティブの最前線…物語が生まれるコンセプトアートと「コマさん」誕生秘話

  8. [掲載情報]「優れた企画を活かすのはプログラマー」…レベルファイブのクリエイターが語る“リアル”な開発現場を取材

  9. [掲載情報]【エンジニア対談】ドリコム流サービスを支えるサーバーサイド技術とエンジニア文化〜全てはユーザーに価値を届けるために〜(後編)

  10. [掲載情報]【エンジニア対談】ドリコム流サービスを支えるサーバーサイド技術とエンジニア文化〜全てはユーザーに価値を届けるために〜(前編)

  11. [掲載情報]「チームのテンションはゲームに滲み出る」…『ダビマス』を彩るデザイナーたちが目指したのは“馬と自然の美しさ”

  12. [掲載情報]『ダビスタ』であることを全員で追い続けるチーム…知られざる『ダビマス』開発秘話をドリコムのエンジニアに訊く

  13. [掲載情報]『ダビマス』のUIフレームワークと設計思想とは…ドリコム主催エンジニア向け勉強会レポート(後編)

  14. [掲載情報]『ダビマス』から紐解く開発円滑化の取り組みとは

セミナー / イベント

おすすめ記事

「IP」とは何か…『グランブルーファンタジー』に学ぶIPマネジメント戦略

『ファミ通』の調査によると、昨年の国内家庭用ゲーム(コンシューマーゲーム)の市場規模は2994.8億…

ゲーム音楽プロ交響楽団「JAGMO」の衝撃 – ゲーム音楽の転換点になるのか

ゲーム音楽は、音が鳴るという意味では1970年代頃から、場面転換や表現のための楽曲としては1980年…

プロモーション

お知らせ

SNS

Facebook




Twitter

PAGE TOP