Trend

「鋼の錬金術師」「魔法陣グルグル」スクエニの全雑誌から100作品以上掲載『マンガUP!』リリース 月刊誌ならではの調整も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スクウェア・エニックスは、1月7日、マンガアプリ『マンガUP!』をApp StoreおよびGoogle Playにリリースしました。

『マンガUP!』は、「鋼の錬金術師」「魔法陣グルグル」「妖狐×僕SS」など、月刊少年ガンガンをはじめとするスクウェア・エニックスのマンガ雑誌の中から選抜された人気作品が、基本無料で読めるアプリです。タイトルは毎日更新され、常時100以上の作品を楽しめます。さらに本アプリでしか読むことのできないオリジナル作品も配信。

 

 

1話を二~三等分 月刊誌ならではの調整

システムとしては他社マンガアプリと同様ですが、ゲームユーザーには思い出深い作品が勢揃い。

・鋼の錬金術師
・ソウルイーター
・009 RE:CYBORG
・公務ですから!
・ACCA13区監察課
・魔法科高校の劣等生
・魔法陣グルグル
・ながされて藍蘭島
・アホリズムaphorism
・ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章 完全版
・すもももももも~地上最強のヨメ~

など。曜日ごとの定期更新作品から、毎日更新作品、全巻まとめて読める「まとめ読み」も存在。

▲作品を読むためには、MP(マンガポイント)というアプリ内通貨が必要となります。1回読むためには20MPが必要。朝8時と夜8時には、無料でMPが配布されるため、8話分が毎日無料で読めます。MPはイベントなどでも入手可能。

▲週刊マンガ誌は1話平均18~20Pのため、そのままアプリ上で流し込んでも問題ないですが、同様のシステムをガンガンなど月刊誌で行うと1話分の価値や容量も再考する必要があります。ちなみに「鋼の錬金術師」では、1話を二~三等分にしています。

▲前述している通り、1回読むのに20MPがかかるため、だいたい1日1話半読めることになりますね。ただ、1話を二~三等分するため、なかには中途半端なところで「次の話を読みますか」と問われるのがちょっと突っかかります。

▲収益は有償通貨マンガコインの購入。色々調べましたが、その用途を見つけることができませんでしたが、恐らくMPの購入などで使用されるかと思います(現在キャンペーンでたくさんあるため消費しきれない)。

▲このほか、他社マンガアプリにもあるようなPRバナーが多数。MPを貰うためのリワード広告も設置されています。

▲リリースを記念し、衛藤ヒロユキ氏の「魔法陣グルグル」が、1月20日までの期間限定にて全話配信(“全巻まとめ読むスタート”の文言が、全巻無料みたいに思えてしまった)。また、事前に展開されていたTwitterキャンペーンにて、RT数が5000を突破したことを記念し、50話分が読めるポイントを初回登録特典として配布。

 

[colwrap] [col2][/col2] [col2][/col2] [/colwrap]

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でPick UPs!をフォローしよう!

原 孝則

投稿者の記事一覧

Pick UPs! 代表 / 編集者 / ライター / APPアナリスト。過去、ゲーム会社でマーケティング、広報、WEBプランナーなど多数のPR業務に従事。その後、Social Game Info 副編集長、Social VR Info 編集長を担当。現在は、ゲームとビジネスの観点で執筆・企画に尽力するほか、アプリデータ分析サービス「Sp!cemart」の編集長も兼務。

関連記事

  1. Aimingとマーベラス、『剣と魔法のログレス いにしえの女神』…
  2. トーセ、家庭用ゲーム機向け大型案件のロイヤリティ売上が想定を下回…
  3. 【コーエーテクモHD決算】7期連続の増益達成 100万本突破の『…
  4. 2017年リリース予定の注目ゲームアプリ 20社の取り組み(前編…
  5. 『ポケモンGO』のゲームディレクター 野村達雄氏の半生を綴った『…
  6. 『駅メモ!』のモバイルファクトリーが6月2日付で東証1部に市場変…
  7. スクエニ、新規RPGプロジェクトを発表 新開発スタジオ「スタジオ…
  8. アジアオリンピック評議会、2022年のアジア競技大会で正式メダル…

セミナー / イベント

おすすめ記事

「IP」とは何か…『グランブルーファンタジー』に学ぶIPマネジメント戦略

『ファミ通』の調査によると、昨年の国内家庭用ゲーム(コンシューマーゲーム)の市場規模は2994.8億…

ゲーム音楽プロ交響楽団「JAGMO」の衝撃 – ゲーム音楽の転換点になるのか

ゲーム音楽は、音が鳴るという意味では1970年代頃から、場面転換や表現のための楽曲としては1980年…

最近の投稿

プロモーション

お知らせ

SNS

Facebook




Twitter

PAGE TOP