アミューズメント機器のサービス事業会社・バンダイナムコテクニカ設立 海外メーカーを含めた他社商品や中古機器の仕入れ・販売・アフターサービスも

バンダイナムコエンターテインメントは、アミューズメント機器のアフターサービス機能を分社し、2017年4月3日付で株式会社バンダイナムコテクニカを設立すると発表しました。

これまで同社のアミューズメント機器関連のアフターサービス事業は、自社製品の修理や補修用部品の販売を中心に展開してきました。

今後はそれらの事業に加え、長年にわたって業界で培った技術、知識等を活かして、海外メーカーを含めた他社商品や中古機器の仕入れ・販売・アフターサービス、アミューズメント施設向け新規サービスの企画・販売など、これまでにない新領域への事業拡張を目指していくとのこと。

同社のアミューズメント事業の歴史は古く、それこそ世界中から愛されるコンテンツを数々生み出してきました。コンシューマタイトルの成長、スマートフォンの登場により、娯楽が細分化、今ではアミューズメント市場も下火になってきました。

しかし、同社は最新デバイスVRを用いた「VR ZONE」のオープンや、アーケード向け音楽ゲーム『太鼓の達人』のプロモーションにEXILEメンバーを起用するなど、つねに挑戦を続けています。アミューズメント施設向け新規サービスの企画には、今後注目せざるを得ません。

 

■新会社の概要(予定)

<商号> 株式会社バンダイナムコテクニカ
<設立日> 2017年4月3日
<資本金> 1,000万円
<本社所在地> 神奈川県横浜市神奈川区三枚町22番1
<取締役候補> 取締役会長 大下 聡(非常勤)
代表取締役社長 長谷川 琢也
取締役 村上 員隆
<監査役候補> 監査役 榎本 幸司(非常勤)
<株主構成> 株式会社バンダイナムコエンターテインメント 100%
<主要事業> アミューズメント機器関連のアフターサービス事業
中古アミューズメント機器及び他社商品の仕入れ及び販売に関する業務等







ABOUTこの記事をかいた人

Pick UPs! 代表 / 編集者 / ライター / APPアナリスト。過去、ゲーム会社でマーケティング、広報、WEBプランナーなど多数のPR業務に従事。その後、Social Game Info 副編集長、Social VR Info 編集長を担当。現在は、ゲームとビジネスの観点で執筆・企画に尽力するほか、アプリデータ分析サービス「Sp!cemart」の編集長も兼務。