Nintendo Switch 発表タイトル一覧 36本にも及ぶラインナップ

今後発売が予定されているタイトル一覧

▲任天堂株式会社 公式Twitterより

ここからは、今後発売されるタイトルを紹介。現在Nintendo Switch向けには、50社を超えるソフトメーカーが、ゲームソフトを開発中。なお、開発中のタイトル数は、すでに80タイトル以上に及んでいるという。

いっしょにチョキッとスニッパーズ

©2017 Nintendo

『いっしょにチョキッと スニッパーズ』は、ふたりのキャラクターがお互いのカラダをチョキッと切って、形を変えて、その形を活かしたアクションでパズルを解くゲーム。チョキッと切るのが操作の基本で、ふたりのカラダが重なった状態でボタンを押すと、その部分をカットできます。パズルの種類はさまざまで、そのステージで何をしたらクリアーなのかを、ステージのようすをよく見て、ふたりで考えます。

たとえば、形に合わせてカットして、カラダを回転させて、位置を合わせて……と、プレイヤー同士で声をかけあいながらクリアーを目指していきます。ちなみに、とにかくクリアーさえできれば、解きかたはなんでもありとのこと。プレイヤー同士の会話と、息の合ったプレイが無限大の解法を生み出す、言うなればコミュニケーション・アクションパズルゲーム。

2017年3月発売予定。

©2017 Nintendo

©2017 Nintendo

©2017 Nintendo

ARMS

▲任天堂株式会社 公式Twitterより

『ARMS』は、プレイヤーの動きと連動するモーションコントロールとボタン操作の組み合わせで操作する格闘スポーツゲーム。プレイヤーは、バネのようにのびるウデ「アーム」を持つキャラクターたちを操作し、パンチを繰り出し合って対戦していく。パンチで戦うボクシングと、遠く離れた相手にアームを正確に当てるというシューティングゲームの要素を併せ持っています。

プレイの際は、左右の手でJoy-Conを持ちます。LボタンとRボタンに親指がかかるように持つのがホームポジションとなり、この状態でパンチを出せば、Joy-Conがプレイヤーの動きを感知して、キャラクターもパンチを出します。その他、傾きといくつかのボタン操作だけで、ダッシュ、ジャンプ、ガード、必殺のラッシュ攻撃といった、多彩なアクションを繰り出せます。

1人でのコンピューター戦、ローカルでの2人対戦、オンラインでの対戦など、幅広い対戦形式に対応。Wii Uの特徴を活かしたオリジナルタイトル『スプラトゥーン』では、誰もがカジュアルに楽しめる対戦シューティングゲームを確立しましたが、本作ではNintendo Switchの特徴を活かしたオリジナルタイトルの対戦ゲームとして人気を博してほしいと思います。

2017年春発売予定。

▲任天堂株式会社 公式Twitterより

©2017 Nintendo

©2017 Nintendo

マリオカート8 デラックス

©2017 Nintendo

シリーズ最新作は、Wii Uで発売された『マリオカート8』に追加コンテンツや新機能を収録したアップデートタイトル。新しいキャラクターやコース、マシン、アイテムなどの新要素をプラスして、シリーズ最大ボリュームの『マリオカート』になっているという。

新キャラクターでは『スプラトゥーン』のボーイやガールが登場。また今作では、アイテムを2つまで持てるようになり、ゲームキューブタイトル『マリオカート ダブルダッシュ!!』を彷彿とさせるシステムを採用。相手の風船を割るバトルモードは、新しいルールや専用コースに一新。さらに「ハンドルアシスト機能」をオンにすれば、コースアウトすることなく走ることも可能に。

2017年4月28日発売予定。

©2017 Nintendo

©2017 Nintendo

©2017 Nintendo

Splatoon2

▲任天堂株式会社 公式Twitterより

今回最も注目を浴びたタイトルのひとつではないでしょうか。前作『スプラトゥーン』は、普及率が乏しいWii Uで国内累計売上100万本を超えるという大ヒットを記録。そのほか、SNSや動画投稿サイト、はたまたe-sportsの公式大会など多角的な展開を見せるなど、ハード問わず新規IPとしては異例の盛り上がりを見せました。

待望の続編『Splatoon2(スプラトゥーン2)』では、4vs4に分かれてステージを塗りあうという基本的なルールはそのままに、新たなステージや武器、カスタマイズ、テクニックが加わりパワーアップ。なかでもプレゼンテーションで話題を呼んだのは、二丁拳銃のような新しいブキ「スプラマニューバー」。両手に構えた拳銃でインクを撃つだけでなく、高速移動も可能とのこと。このほか、スペシャルウェポン(必殺技みたいなもの)が一新。

プレイスタイルは、Joy-ConやNintendo Switch Proコントローラーにも対応しており、すべてでジャイロ操作ができます。また、インターネットを通じた対戦に加え、本体を持ち寄って仲間と顔を合わせた対戦も楽しめるのは大きいです。同シリーズに限らず、シューティング要素を備えたチームバトルは声掛けが大切です。その場に4人で集まった知り合い同士のチームと、声をかけながら見知らぬほかのチームと対戦するのは盛り上がること間違いなし。

2017年夏発売予定。『スプラトゥーン』シリーズは、公式Twitterからの初出し情報も豊富ですので、新情報を追うのはこちらをチェックするのがベストですね。

▲任天堂株式会社 公式Twitterより

▲任天堂株式会社 公式Twitterより

▲任天堂株式会社 公式Twitterより

▲任天堂株式会社 公式Twitterより

スーパーマリオ オデッセイ

▲任天堂株式会社 公式Twitterより

大きな箱庭世界を自由に走り回るマリオは『スーパーマリオサンシャイン』以来、約15年ぶり。『スーパーマリオ オデッセイ』のテーマは、「見知らぬ世界への旅」。マリオはキノコ王国を飛び出して世界中を冒険します。等身の異なる現実世界の住人との遭遇など、これまでのシリーズとは一線を画するビル群が登場するといったステージが特徴。新アクションは、この目玉がついた不思議な帽子を用いた「帽子投げ」。

2017年冬発売予定。

▲任天堂株式会社 公式Twitterより

▲任天堂株式会社 公式Twitterより

ウルトラストリートファイターII ザファイナルチャレンジャーズ

©CAPCOM U.S.A., INC. ALL RIGHTS RESERVED.

90年代に大ブームを巻き起こした格闘ゲーム『ストリートファイターII』が、25年の時を超えNintendo Switchで蘇ります。当時の懐かしさと面白さはそのままに、魅力的な要素を多数追加したほか、グラフィックは現代風にリファインされたものと、昔からのファンもなじみのあるものを切り替えが可能。Joy-Conを使用しての2人対戦も楽しめます。

また『ストII』シリーズでは初登場となる「殺意の波動に目覚めたリュウ」と「洗脳されたケン」が参戦し、総勢19人の個性豊かなキャラクターがプレイ可能に。このほか本作では、強敵を2人で倒す「バディファイト」モードが新たに実装したり、必殺技を1タッチで出せる「LITE操作」も取り入れたりしています。

何よりJoy-Conを使用しての2人対戦もできるので、対戦格闘ならではのコミュニケーションを場所を選ばずに楽しめるのが魅力。テレビモードはもちろん、持ち運び便利なテーブルモード、さらに携帯モードで画面に集中することも可能。今ではあまりゲームを遊ばなかった30代~40代のお父さん方に、どのように刺さるのかがポイントになりそうです。

©CAPCOM U.S.A., INC. ALL RIGHTS RESERVED.

©CAPCOM U.S.A., INC. ALL RIGHTS RESERVED.

©CAPCOM U.S.A., INC. ALL RIGHTS RESERVED.

 

ゼノブレイド2

▲任天堂株式会社 公式Twitterより

『ゼノサーガ』や『バテン・カイトス』などを手掛けたモノリスソフトの最新作。巨大な神の骸を舞台にした広大なオープンワールド型フィールドと、シームレスな戦闘を描いたRPG。2010年6月に第一作目をWiiで発売し、その後はニンテンドー3DS、Wii Uに移植されました。ナンバリングタイトルとしては、じつに7年ぶりの続編。2017年に発売予定。

Project OCTOPATH TRAVELER

© SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

スクウェア・エニックスが放つ完全新規RPG。スーパーファミコンで発売された往年のスクウェアRPGを彷彿とさせる、ドット絵調と3等身のキャラクターなど懐かしさを兼ね備えた一本。『ブレイブリーデフォルト』の開発チームが手掛けているとのこと。

© SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

© SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

 


詳細は語られなくとも、発表だけで心躍るタイトルも開発中であることも明らかになりました。たとえば、コーエーテクモゲームスが現在開発中の『ファイアーエムブレム無双』をはじめ、アトラスが手掛ける『真・女神転生』シリーズ最新作、Nintendo Switch向け『Skyrim』なども発表されました。

コアなゲームタイトルが並びますが、恐らく任天堂が今回の新ハードに掲げているのは「原点回帰」。ファミリーコンピュータやスーパーファミコンの時代、数多のゲームソフトが集合していましたが、その時代を体験した方は今やいいオトナ。ゲームに抵抗のない潜在ユーザーにもアプローチできるラインナップであることを感じています。

■今後発売予定のタイトル

発売日 ゲームタイトル メーカー
2017年3月 いっしょにチョキッとスニッパーズ 任天堂
2017年3月 三國志13 with パワーアップキット コーエーテクモゲームス
2017年4月28日 マリオカート8 デラックス 任天堂
2017年春 ARMS 任天堂
2017年春 みんなでワイワイ!スペランカー スクウェアエニックス
2017年夏 スプラトゥーン2 任天堂
2017年秋 The Elder Scrolls V: Skyrim Bethesda Game Studios
2017年冬 スーパーマリオ オデッセイ 任天堂
2017年 ゼノブレイド2 任天堂
未定 ドラゴンクエストXI スクウェアエニックス
未定 ファイアーエムブレム無双 コーエーテクモゲームス
未定 真女神転生 シリーズ最新作 アトラス
未定 ウルトラストリートファイターII ザファイナルチャレンジャーズ カプコン
未定 project OCTOPATH TRAVELER スクウェアエニックス
未定 ドラゴンクエストX スクウェアエニックス
未定 ドラゴンボール ゼノバース2(仮称) バンダイナムコエンターテイメント
未定 太鼓の達人シリーズ【バンダイナムコ】 バンダイナムコエンターテイメント
未定 テイルズオブ シリーズ バンダイナムコエンターテイメント
未定 ソニックマニア セガゲームス
未定 PROJECT SONIC 2017 セガゲームス
未定 アーケードアーカイブス ハムスター
未定 牧場物語 シリーズ マーベラス
未定 BLAZBLUE シリーズ アークシステムワークス
未定 EA SPORTS FIFA Electronic Arts
未定 NBA2K18 2K Japan
未定 ジャストダンス2017 Ubisoft
未定 マインクラフト Mojang
未定 ダービースタリオン パリティビット

© 2005-2017 Take-Two Interactive Software and its subsidiaries. All rights reserved. 2K, the 2K logo, and Take-Two Interactive Software are all trademarks and/or registered trademarks of Take-Two Interactive Software, Inc. The NBA and NBA member team identifications are the intellectual property of NBA Properties, Inc. and the respective NBA member teams. © 2017 NBA Properties, Inc. All Rights Reserved.© ARC SYSTEM WORKS © ATLUS ©SEGA All rights reserved. ©CAPCOM U.S.A., INC. 2017 ALL RIGHTS RESERVED. © Nintendo / INTELLIGENT SYSTEMS © コーエテクモゲームス All right reserved. Licenced by Nintendo. ©Konami Digital Entertainment © 2015, 2016, 2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/KOEI TECMO GAMES/SQUARE ENIX All Rights Reserved. © 2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.© 2012-2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.©SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.©2016, 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. Developed by Tokyo RPG Factory © 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.© 1983-2017 Timothy G. Martin / Tozai, Inc. All Rights Reserved.Spelunker is a trademark of Timothy G. Martin and Tozai Games is a trademark of Tozai, Inc. registered or protected in the US and other countries.© SEGA. SEGA, the SEGA logo and Sonic Mania are either registered trademarks or trademarks of SEGA Holdings Co., Ltd. or its affiliates. All rights reserved. SEGA is registered in the U.S. Patent and Trademark Office. All other trademarks, logos and copyrights are property of their respective owners. ©SEGA Tetris ® & © 1985~2017 and Tetris trade dress are owned by Tetris Holding. ©2015-2017 Nippon Ichi Software, Inc. ⒸParity Bit ©バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション ©BANDAI NAMCO Entertainment Inc. © 2011-2017 Bethesda Softworks LLC, a ZeniMax Media company. The Elder Scrolls, Skyrim, Bethesda, Bethesda Game Studios, Bethesda Softworks, ZeniMax and related logos are registered trademarks or trademarks of ZeniMax Media Inc. in the U.S. and/or other countries. All Rights Reserved. Mojang © 2009-2016. “Minecraft” is a trademark of Mojang Synergies AB