アニソンがハイレゾを牽引…年間TOP100内でアニソンの割合が66%と盛況 またスマホからハイレゾ音源を購入する時代に

ソニー・ミュージックエンタテインメントの子会社・レーベルゲートは、同社が運営する音楽ダウンロードサービス「mora ~WALKMANR公式ミュージックストア~」において、2016年の実績を元に分析した『2016年 音楽配信トレンド』を発表しました。概要としては、ハイレゾ音源の急成長が注目されています。

・Androidからのハイレゾ音源売上が前年比136%と成長(※ハイレゾ全体では前年比108%)
・ハイレゾ配信楽曲数が前年比178%とコンテンツ数も上昇中
・ハイレゾ年間TOP100内でアニソンの割合が66%と約2/3を占めるほどの盛況

「ハイレゾ音源」とは、従来のCD を超える情報量を持つ高音質音源。従来の圧縮音源では十分に伝えきれなかった楽器や声の生々しさや艶、ライブ会場の空気感や臨場感などのディテールに触れることで、音楽をより感動的に体感することが可能です。

▲「mora」のハイレゾ音源配信楽曲数は新譜の配信以外に、過去にヒットした旧譜アルバムのハイレゾ配信用リマスタリングなども積極的に行われ、前年比178%と急激に伸長。また売上においては、ハイレゾ全体の購入金額では前年比108%なのに対して、Androidからのハイレゾ音源購入金額が前年比136%と大きく増加しており、スマートフォンからハイレゾ音源を購入する時代になりつつあります。月別に比較すると7月と12月が好調で、SONY Xperiaの新機種発売時期と、ハイレゾプライスオフキャンペーンの開催が大きな理由と推測。※集計期間 2015年1月1日~12月31日 2016年1月1日~12月31日

▲ハイレゾ対応Xperiaが累計約1000万台を販売し、ウォークマン®やスマートフォン等のハイレゾ対応の携帯音楽プレーヤーのデバイスの普及が追い風となって、さらなる成長が期待されます。

▲ハイレゾ音源に特化したシングル(単曲)の年間ダウンロード数TOP100内では、アニメ・声優関連のアニソン楽曲が66曲ランクインし、ハイレゾ音源とアニソンの親和性の強さが伺えます。同条件の比較で2015年が53曲だったのに対し13曲も増えている理由として、長編アニメーション映画「君の名は。」の大ヒットや、TOKYO MX1で2016年4月から放送開始されたアニソン番組「アニレゾ!!」など、アニメ関連のメディアの勢いが挙げられます。※集計期間 2015年12月1日~2016年11月30日

※集計期間 2014年12月1日~2015年11月30日 2015年12月1日~2016年11月30日

さらに、ハイレゾ対応商品の市場も順調に拡大しています。たとえば、ソニーが販売するハイレゾ音源対応ウォークマン®のシェアも前年から順調に成長。また、ハイレゾ対応のヘッドホンの販売も好調に推移しており、市場を盛り上げています。ポータブルオーディオ市場を占う2大イベント「ヘッドホン祭」「ポタフェス」も年々動員を増やしており、4日間で合計約11万人が集まるなど、ハード・ソフトの面でハイレゾの今後の成長が期待できるとのこと。

【mora 2016年間ランキングTOP100 ハイレゾ部門】
http://mora.jp/ranking?genre=hires&term=yearly&month=curMonth&year=2016&period=yearly

【『アニレゾ!! 』公式HP】
http://s.mxtv.jp/variety/anireso/







ABOUTこの記事をかいた人

Pick UPs! 代表 / 編集者 / ライター / APPアナリスト。過去、ゲーム会社でマーケティング、広報、WEBプランナーなど多数のPR業務に従事。その後、Social Game Info 副編集長、Social VR Info 編集長を担当。現在は、ゲームとビジネスの観点で執筆・企画に尽力するほか、アプリデータ分析サービス「Sp!cemart」の編集長も兼務。