『バイオハザード7』全世界で250万本出荷 体験版は715万DLを突破…発売前の施策に注目

カプコンは、『バイオハザード』シリーズの最新作であるプレイステーション4、Xbox OneおよびWindows PC向けゲーム『バイオハザード7 レジデント イービル』(以下『バイオハザード7』)が、全世界で250万本を出荷したことを発表しました。

『バイオハザード』シリーズは、武器やアイテムを駆使し脱出を試みるサバイバルホラーゲーム。1996年の第1作発売以降、シリーズ累計販売本数7,500万本(2017年1月27日時点)を超えるカプコンの代表的なコンテンツであり、登場から20年以上経過した今なお、世界中から熱狂的な支持を得ています。

『バイオハザード7』は、シリーズのルーツである「恐怖」をメインコンセプトとし、ホラー性の深化を追求した最新作で、PlayStation®VRにも完全対応したタイトル。圧倒的な没入感溢れる恐怖体験を提供するため、従来の三人称視点から一人称視点へゲームシステムを革新したほか、カプコン独自に開発した最新のゲームエンジン「RE ENGINE」により、ハードスペックを最大限に引き出しているのが特徴です。

体験版のダウンロード数は全世界で715万を突破するなど、発売前から高い注目度を集めていました。体験版では、複数のエンディングを用意したり、逐次アップデートを繰り返したりと、一回だけで終わらせないで定期的に楽しめるような施策も実施。また、今作の前日譚にあたる衝撃のPSVR専用ゲーム『KITCHEN』の話題性も、牽引しているのではないでしょうか。

また、『バイオハザード』ブランドとして、ハリウッド映画の最新作「バイオハザード:ザ・ファイナル」が日本で2016年12月23日に公開を迎えシリーズ最高のオープニング成績となり、全世界では本日から公開。加えて、フルCG長編映画「バイオハザード:ヴェンデッタ」が2017年5月に全世界で公開が予定されるなど、ゲームの枠を超えた展開を積極的に推進しています。





ABOUTこの記事をかいた人

Pick UPs! 代表 / 編集者 / ライター / APPアナリスト。過去、ゲーム会社でマーケティング、広報、WEBプランナーなど多数のPR業務に従事。その後、Social Game Info 副編集長、Social VR Info 編集長を担当。現在は、ゲームとビジネスの観点で執筆・企画に尽力するほか、アプリデータ分析サービス「Sp!cemart」の編集長も兼務。