Trend

シリーズ最新作『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』のリンクが「ねんどろいど」で登場 同作ならではの斧やトリ肉の存在も…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

グッドスマイルカンパニーは、シリーズ最新作『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』(発売:任天堂)より、主人公の「リンク」をモチーフにした「ねんどろいど リンク ブレス オブ ザ ワイルドVer.」の予約を開始しました。発売時期は2017年6月。

表情は「笑顔」にくわえて、凛々しい「叫び顔」が用意。オプションパーツとしては、「弓」、「矢」、「矢筒」、「剣」、「剣の鞘」、「盾」が付属し、様々なシチュエーションが再現できます。また、ゲーム中に登場する「シーカーストーン」も付属。さらにDXエディションでは、これらのパーツ意外にも、「斧」や「棍棒」、「トリ肉」や「フード」にくわえて、「馬」まで付属されており、より作品の世界観を再現出来る仕様に。


商品名
ねんどろいど リンク ブレス オブ ザ ワイルドVer. DXエディション
作品名
ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド
メーカー
グッドスマイルカンパニー
カテゴリー
ねんどろいど
価格
5,370円 +税(通常版:4,167円 +税)
発売時期
2017/06
仕様
ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア・ノンスケール・専用台座付属・全高:約100mm
原型制作
トイテックD.T.C
制作協力
ねんどろん
※製品は自立しません。付属の台座を使用してください。
※掲載の写真は実際の商品とは多少異なる場合があります。
※商品の塗装は彩色工程が手作業になるため、商品個々に多少の差異があります。

 

 

ねんどろいどで売れた『刀剣乱舞』と『艦これ』

[kanren postid=”720″]

PickUPs!では、過去にグッドスマイルカンパニーの安藝社長が登壇したセミナーを取材したことがあります。当時はオンラインゲーム(PC・モバイル問わず)のキャラクターのフィギュア化が人気で、なかでも『艦隊これくしょん -艦これ-』と『刀剣乱舞 -ONLINE-』の2タイトルは絶大な人気を誇るを語っていました。

なかでも『刀剣乱舞 -ONLINE-』の三日月宗近のフィギュア(価格:3,889円+税)は、全世界で7万個以上を受注する大ヒットを記録。両作品とも擬人化タイトルであり、世界観の深掘り、キャラクターの魅力も相まって、二次創作などコンテンツの波及という共通点があります。

 

© 2017 Nintendo

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でPick UPs!をフォローしよう!

原 孝則

投稿者の記事一覧

Pick UPs! 代表 / 編集者 / ライター / APPアナリスト。過去、ゲーム会社でマーケティング、広報、WEBプランナーなど多数のPR業務に従事。その後、Social Game Info 副編集長、Social VR Info 編集長を担当。現在は、ゲームとビジネスの観点で執筆・企画に尽力するほか、アプリデータ分析サービス「Sp!cemart」の編集長も兼務。

関連記事

  1. 任天堂の新ハード発売週でも『Horizon Zero Dawn』…
  2. Arkane Studiosが贈るSFホラー『PREY』をPic…
  3. Amazon、世界で過去最高のホリデーシーズンを記録 Prime…
  4. 『がんばれゴエモン』シリーズのサントラBOXが5月26日に発売 …
  5. 【ネクソン決算】中国版『アラド戦記』の旧正月施策が奏功し過去最高…
  6. 楽天ゲームズ、HTML5に特化したソーシャルゲーム・プラットフォ…
  7. 2017年冬アニメ ゲーム原作の8作品を紹介 スマホゲームのアニ…
  8. 『INSIDE』- 戦略的設計と背景に組み込まれた罠とは

セミナー / イベント

おすすめ記事

「IP」とは何か…『グランブルーファンタジー』に学ぶIPマネジメント戦略

『ファミ通』の調査によると、昨年の国内家庭用ゲーム(コンシューマーゲーム)の市場規模は2994.8億…

ゲーム音楽プロ交響楽団「JAGMO」の衝撃 – ゲーム音楽の転換点になるのか

ゲーム音楽は、音が鳴るという意味では1970年代頃から、場面転換や表現のための楽曲としては1980年…

最近の投稿

プロモーション

お知らせ

SNS

Facebook




Twitter

PAGE TOP