「東京ゲームショウ2017」の開催概要が発表…9月21日~24日に開催 国内外へのネット動画配信体制を強化

一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(略称:CESA)は、日経BP社の共催のもと、「東京ゲームショウ2017」(以下、TGS2017)を、2017年9月21日(木)から9月24日(日)までの4日間(21、22日はビジネスデイ)、千葉県・幕張メッセにて開催することを決定しました。

テーマは、『さあ、現実を超えた体験へ。』。このテーマには、テクノロジーの進化でますますリアルな表現ができるようになったゲームそのものだけでなく、東京ゲームショウ自身も新たな体験を提供できるイベントになろう、という思いも込めているとのこと。

TGS2017では、昨年新設し、多く出展されたVRコーナーを「VR/ARコーナー」に改称。VR(仮想現実)をはじめ、AR(拡張現実)、MR(複合現実)まで出展対象を広げます。VR/AR/MR対応ゲームソフトだけでなく、開発ソリューションなどBtoB目的の出展も広く募集。

e-Sportsコーナーでは、日本におけるe-Sportsの本格普及に弾みをつけるため、コーナー内ステージを大幅リニューアル。家庭用ゲームやスマートフォンなどの人気タイトルの大会を実施し、ネット動画配信とあわせ、より多くの人にe-Sportsの魅力を伝えるという。
※e-Sports大会の詳細は後日発表

また、リアル来場者とならぶ、もうひとつの情報発信の柱として、国内外へのネット動画配信体制を強化。会期前の7月よりスタートする事前番組では、出展社の先出し情報やe-Sports予選大会の模様を配信するほか、会期中は、より多くの方に視聴頂くため夜間帯(21時以降)にも番組を配信。国内向けにはドワンゴ、海外向けにはTwitchおよびTokyo Otaku Modeの協力を得て、番組を制作。

さらには、中国向けのネット動画配信についても新たなパートナーと提携し、公式動画チャンネルを開設する予定とのこと。

1996年に始まった東京ゲームショウは、昨年20周年の節目を迎え、過去最多となる614の企業・団体が出展、271,224人の来場者数を記録するなど、記念すべき年に。

 

■開催概要

名称: 東京ゲームショウ2017(TOKYO GAME SHOW 2017)
主催: 一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)
共催: 日経BP社
特別協力: ドワンゴ
後援: 経済産業省(予定)
会期:
2017年9月21日(木) ビジネスデイ 10:00~17:00
2017年9月22日(金) ビジネスデイ 10:00~17:00
※ビジネスデイは、ビジネス関係者およびプレス関係者のみのご入場となります。
2017年9月23日(土) 一般公開日 10:00~17:00
2017年9月24日(日) 一般公開日 10:00~17:00
※一般公開日は、状況により、9:30に開場する場合があります。
会場:
幕張メッセ(千葉県千葉市美浜区)
展示ホール1~11/イベントホール/国際会議場
来場予定者数: 25万人
募集小間数: 2000小間
入場料(一般公開日):
一般(中学生以上) 当日1,200円(前売券:1,000円)
小学生以下は無料

■出展社募集スケジュール

出展申込締切日:
2017年6月2日(金)
小間位置選定会:
2017年6月23日(金) 40小間以上(隣接小間がない形状)の出展社
2017年7月4日(火) 40小間未満(隣接小間がある形状)の出展社
出展社説明会:
2017年7月4日(火)

 







ABOUTこの記事をかいた人

Pick UPs! 代表 / 編集者 / ライター / APPアナリスト。過去、ゲーム会社でマーケティング、広報、WEBプランナーなど多数のPR業務に従事。その後、Social Game Info 副編集長、Social VR Info 編集長を担当。現在は、ゲームとビジネスの観点で執筆・企画に尽力するほか、アプリデータ分析サービス「Sp!cemart」の編集長も兼務。