Trend

『INSIDE』- 戦略的設計と背景に組み込まれた罠とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

インディーゲームはお好きですか?

大手デベロッパーの大作も遊び応えがありますが、Steamやアプリストアには個人や中小企業が開発した個性的な作品が大量にリリースされています。玉石混淆という感じもありますが、隠れた逸品を探すのもまた、ゲームファンの楽しみです。

さて、今回ご紹介するのは『INSIDE』というインディーゲームです。横スクロール型のアドベンチャーゲームで、一口で言えば、「パズルを解きながら、左から右に進むゲーム」というところでしょうか。読者の中にはすでにご存じの方も多いかもしれません。

『INSIDE』はインディーゲームにも関わらず、海外5つのアワードにて11部門にノミネート、6部門を受賞した超話題作なのです。いつも辛口評価のIGNですら満点の評価を示し、それもまたニュースとなりました。国内では、昨年末に4Gamerが149人のゲームクリエイターに行ったインタビューで、「最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル」として、7人が本作を挙げています。『FINAL FANTASY XV』が17人、『ペルソナ5』が23人と、大作に票が集まる中、大健闘と言えるでしょう。

しかし、プレイしてみると驚くほどシンプルで、どうにも不可解なストーリーです。『INSIDE』はなぜ、こうまでプレイヤーを惹きつけるのでしょうか。

多くのレビューでは、「センスが良い」とか「サウンドが秀逸」というコメントが書かれていますが、センスの一言で終わらせるには少々もったいないような気がしてなりません。確かに、クリエイターたちの素晴らしい芸術的センスを感じます。が、本作はむしろ、マーケティングとクリエイティブが緻密に織り込まれている点に注目すべきではないでしょうか。左から右に進むゲーム、といっても侮ってはいけません。

本稿では、名作にして奇作である『INSIDE』の面白さを、「制約」というキーワードから解読してみたいと思います。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でPick UPs!をフォローしよう!

ページ:

1

2 3 4

関連記事

  1. 【Aiming決算】主力『ログレス』が売上減で1億2900万円の…
  2. 2017年リリース予定の注目ゲームアプリ 20社の取り組み(後編…
  3. 『がんばれゴエモン』シリーズのサントラBOXが5月26日に発売 …
  4. 『けものフレンズ』、完全新作のスマホゲームがブシモより今夏配信決…
  5. 20周年を迎えた『パラッパラッパー』…生みの親が語る誕生秘話とヒ…
  6. 「ファミコンミニ」の生産を一旦終了 全世界150万台を売り上げた…
  7. 「Nintendo Switch」いよいよ今週金曜日発売 ローン…
  8. 「鋼の錬金術師」「魔法陣グルグル」スクエニの全雑誌から100作品…

セミナー / イベント

おすすめ記事

「IP」とは何か…『グランブルーファンタジー』に学ぶIPマネジメント戦略

『ファミ通』の調査によると、昨年の国内家庭用ゲーム(コンシューマーゲーム)の市場規模は2994.8億…

ゲーム音楽プロ交響楽団「JAGMO」の衝撃 – ゲーム音楽の転換点になるのか

ゲーム音楽は、音が鳴るという意味では1970年代頃から、場面転換や表現のための楽曲としては1980年…

最近の投稿

プロモーション

お知らせ

SNS

Facebook




Twitter

PAGE TOP