『INSIDE』 戦略的設計と背景に組み込まれた罠とは

インディーゲームはお好きですか?

大手デベロッパーの大作も遊び応えがありますが、Steamやアプリストアには個人や中小企業が開発した個性的な作品が大量にリリースされています。玉石混淆という感じもありますが、隠れた逸品を探すのもまた、ゲームファンの楽しみです。

さて、今回ご紹介するのは『INSIDE』というインディーゲームです。横スクロール型のアドベンチャーゲームで、一口で言えば、「パズルを解きながら、左から右に進むゲーム」というところでしょうか。読者の中にはすでにご存じの方も多いかもしれません。

『INSIDE』はインディーゲームにも関わらず、海外5つのアワードにて11部門にノミネート、6部門を受賞した超話題作なのです。いつも辛口評価のIGNですら満点の評価を示し、それもまたニュースとなりました。国内では、昨年末に4Gamerが149人のゲームクリエイターに行ったインタビューで、「最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル」として、7人が本作を挙げています。『FINAL FANTASY XV』が17人、『ペルソナ5』が23人と、大作に票が集まる中、大健闘と言えるでしょう。

しかし、プレイしてみると驚くほどシンプルで、どうにも不可解なストーリーです。『INSIDE』はなぜ、こうまでプレイヤーを惹きつけるのでしょうか。

多くのレビューでは、「センスが良い」とか「サウンドが秀逸」というコメントが書かれていますが、センスの一言で終わらせるには少々もったいないような気がしてなりません。確かに、クリエイターたちの素晴らしい芸術的センスを感じます。が、本作はむしろ、マーケティングとクリエイティブが緻密に織り込まれている点に注目すべきではないでしょうか。左から右に進むゲーム、といっても侮ってはいけません。

本稿では、名作にして奇作である『INSIDE』の面白さを、「制約」というキーワードから解読してみたいと思います。