Trend

ガンホー、未成年者のゲームトラブルを防ぐ啓発活動を実施 パズドラキャラが漫画と動画で安心・安全対策を伝える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ガンホー・オンライン・エンターテイメントは、未成年者がゲームを安心、安全に楽しむことを目的とした新たな啓発活動を実施すると発表しました。

近年のゲームはオンライン化や携帯型ゲーム機の普及が進むことで、過去には存在しなかった様々な問題を抱えています。ガンホーではその中でも「高額決済」、「歩きゲーム(スマホ)」、「乗っ取り(なりすまし)」、「チート」の 4 つの問題に重点を置き、未成年者がそのような問題に陥らないための啓発活動『マンガでバッチリ!子どものゲーム安心・安全対策』を、冊子の配布や動画の配信を通じて実施。

 

マンガでバッチリ!子どものゲーム安心・安全対策

月刊コロコロコミックにて大人気連載中「パズドラクロス」のマンガを活用し、ゲームでの「高額決済」、「歩きゲーム(スマホ)」、「乗っ取り(なりすまし)」、「チート」の問題に陥らないための啓発をします。マンガはこの啓発活動のために、著者である井上桃太氏により完全描き下ろしで作成。マンガは、下記オリジナル冊子や動画にて閲覧することが可能です。

 

▲メインビジュアル

 

▲描き下ろしマンガ

●オリジナル冊子
『パズドラクロス』の描き下ろしマンガを利用した、『マンガでバッチリ!ゲームの安心・安全ブック』を制作。啓発マンガのみならず家庭内でのゲーム利用に関するルール例なども掲載することで、読みやすさだけでなく、実用性も兼ね備えた冊子となっているという。

ホームページより申し込むことで、学校などを対象に本冊子をお送りしてもらうことが可能。冊子、郵送料等は無料となります。

▲冊子イメージ

●オリジナル動画

家庭内でも活用してもらうため、動画版も用意。動画版はキャラクターがコミカルに動くだけでなく、ナレーションによる解説も収録されているので、より手軽に深く問題について学べます。

▲動画イメージ

●神奈川県警察との共同対策

今回の啓発活動では神奈川県警察の協力のもと、特に啓発の強化が急務となっている小中学生に向けて『マンガでバッチリ!ゲーム安心・安全ブック』及び、『啓発ポスター』の配布を、神奈川県内の公立の小・中学校にて順次行なっていくとのこと。

神奈川県警察では昨年チートツールを販売していた容疑者等を検挙するなど、チートツール対策に力を入れており、今回のガンホーの啓発活動の取組と考えが一致したことから、共同での対策実施が実現。ガンホーは、今後も神奈川県警察と連携を高め、サイバー犯罪をはじめとしたゲームの問題防止を実施していくという。

※神奈川県内であっても配布が行われない小中学校もあり。

 

 

(c)Gungho Online Entertainment, Inc. All rights reserved.
(c)井上桃太 2017

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でPick UPs!をフォローしよう!

原 孝則

投稿者の記事一覧

Pick UPs! 代表 / 編集者 / ライター / APPアナリスト。過去、ゲーム会社でマーケティング、広報、WEBプランナーなど多数のPR業務に従事。その後、Social Game Info 副編集長、Social VR Info 編集長を担当。現在は、ゲームとビジネスの観点で執筆・企画に尽力するほか、アプリデータ分析サービス「Sp!cemart」の編集長も兼務。

関連記事

  1. スクエニHD、『HITMAN』シリーズ開発会社・IO Inter…
  2. ナイト vs 侍 vs ヴァイキング…近接攻撃のオンパレード『フ…
  3. 任天堂、Android版『スーパーマリオラン』の事前登録を開始 …
  4. 任天堂の新ハード発売週でも『Horizon Zero Dawn』…
  5. スクエニ×プラチナ『NieR:Automata』や『魔女と百騎兵…
  6. スクエニ、新規RPGプロジェクトを発表 新開発スタジオ「スタジオ…
  7. ゲーム利用者のうち「ほぼ毎日」する人が5割弱、女性の方が高い
  8. 「Steam」で2016年 収益額 TOP100が発表 『No …

セミナー / イベント

おすすめ記事

「IP」とは何か…『グランブルーファンタジー』に学ぶIPマネジメント戦略

『ファミ通』の調査によると、昨年の国内家庭用ゲーム(コンシューマーゲーム)の市場規模は2994.8億…

ゲーム音楽プロ交響楽団「JAGMO」の衝撃 – ゲーム音楽の転換点になるのか

ゲーム音楽は、音が鳴るという意味では1970年代頃から、場面転換や表現のための楽曲としては1980年…

最近の投稿

プロモーション

お知らせ

SNS

Facebook




Twitter

PAGE TOP