Trend

LINE、本社を渋谷から新宿に移転 来客会議室の照明・空調などをLINEスタンプの送信でコントロール出来るシステム導入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

LINEは、2017年4月1日に本社を新宿に移転し、正式に営業を開始しました。

LINEは、2011年6月のサービス開始以降、世界で利用されるコミュニケーションアプリへと成長。現在の従業員数は1,438名(LINE株式会社単体・2017年4月時点)となり、商号変更を行った2013年4月時点の約500名から4年間で3倍の規模へと増加しています。急激な従業員数の増加により、本社の近隣ビル数カ所にわたって増床を行なっていたという。

今回、本社を東京都新宿区に移転することにより、分散していたオフィス機能を一箇所に集約させ、従業員同士の一層のコミュニケーションの活性化および業務効率化を図るという。

新オフィスの概要
占有フロア:地上32階・地下2階建てビルの内、地上15階から23階
延床面積:19,446.58㎡ (約5,893坪)
所在地:160-0022 東京都新宿区新宿4-1-6 JR新宿ミライナタワー23階
移転登記日:2017年4月1日
入居人数:約1600名
入居するLINEグループ会社および関連会社:
LINE Business Partners株式会社、LINE Pay株式会社、LINEモバイル株式会社、LINE MUSIC株式会社、キャンプモバイル株式会社、SNOW Japan Corporation

■主な新オフィスの施設・設備の特長
・コミュニケーションラウンジ、ワークラウンジ
各フロアに、簡単なミーティングができるコミュニケーションラウンジを設置。偶然顔を合わせた従業員同士が気軽にミーティングを行うことができ、業務の生産性やスピードを高めることができるという。また、自席以外で集中して仕事をするための個室も備えたワークラウンジも設置。防音設備を施した完全個室もあり、電話やオンライン英会話レッスンなど多様な活用ができます。

・自由に高さを調整できる昇降式デスクを導入
自分の体型に合わせた高さのデスクで仕事ができます。立ったまま仕事をすることも可能。

・独自の会議室システム
来客会議室は、LINEのスタンプを送信することで、照明・空調などをコントロールすることができるシステムを導入(※)。社内会議室では、設置されたタブレットから、予約状況の確認をしたり、直接予約を入れたりできます。また、人感センサーによって、会議室が無人の場合は自動で予約がキャンセルされ、会議室が予約されているものの実際には使われていない「空予約」を減らし、効率的な運用が可能という。(※順次導入中、画面はイメージ)

・ビデオカンファレンスシステム
全ての社内会議室には最新のビデオカンファレンスシステムが搭載され、海外オフィスとのミーティングを簡単に行なえます。対面で会話しているかのような体験ができるテレプレゼンスシステムを備えた会議室もあるという。

・オーディトリアム
最大300人収容可能な会議室。会議のほか、勉強会や各種イベントを開催できます。

・カフェ
リラックスする場・仕事に集中する場など、人によって多様な使い方ができるスペース。コーヒー等のほか、昼食時には、お弁当・サラダ・スープなど、健康的な食事の販売も行っています。カフェではスマホのおサイフサービス「LINE Pay」を利用し、スマートフォンを使った決済で買い物が可能。

また、最新のゲーム機器のほか、ビリヤードやダーツなど従業員同士のコミュニケーションを活性化させる「ゲームラウンジ」、様々な雑誌や書籍から情報収集ができる「ブックギャラリー」、LINE FRIENDSのキャラクターグッズが並ぶ「LINE FRIENDS STORE」も併設。(サラダ提供:株式会社ノンピ、スープ提供:株式会社スープストックトーキョー)
・みどりの保育園
0~2歳の乳幼児を預けることができる事業所内保育園を新設。教育と保育を組み合わせた、0歳児からの「エデュケア」を実践し、1人ひとりに向き合いながら子どもたちの才能や可能性を引き出し、グローバルに活躍できる人間の育成に努めるという。

保育士と保護者はLINEを使って子どもの様子や、登園・持ち物等の連絡を行う予定。子育て中の従業員は安心して子供を預け、仕事に集中することができます。(運営:株式会社ポピンズ)

・スタジオ
ムービー用、スチール用の2つのスタジオを新設。ムービースタジオは、ライブ配信サービス「LINE LIVE」の配信にも利用できます。動画のオフライン編集や試写ができるスペースも併設しています。

■主な制度
・業務に集中するための従業員サポート制度
-備品の貸し出し、修理など、社員の困りごとをサポートする「LINE CARE」の設置
-就労ビザ等の手続き、不動産契約など、外国籍従業員のあらゆるサポートを行う専門部署の設置

・健康を維持するための制度
-500円でオフィス近隣の提携スポーツジムを利用できる補助制度
-サラダバー、スープバー、種類豊富なお弁当など健康的な朝食・昼食の手配
-健康診断の再検査費用の補助制度

・従業員の家族をサポートする制度
-ベビーシッター費用の補助制度
-妊活のための特別休暇付与および治療費を補助する制度
-事実婚・同性パートナーの慶弔規程適用

詳しい制度についてはコーポレートサイト内ライフサポート紹介ページをご覧ください。
https://linecorp.com/ja/career/benefits

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でPick UPs!をフォローしよう!

原 孝則

投稿者の記事一覧

Pick UPs! 代表 / 編集者 / ライター / APPアナリスト。過去、ゲーム会社でマーケティング、広報、WEBプランナーなど多数のPR業務に従事。その後、Social Game Info 副編集長、Social VR Info 編集長を担当。現在は、ゲームとビジネスの観点で執筆・企画に尽力するほか、アプリデータ分析サービス「Sp!cemart」の編集長も兼務。

関連記事

  1. ゲーム音楽プロ交響楽団「JAGMO」3月公演の全プログラムが公開…
  2. セガの名作対戦ゲーム『電脳戦機バーチャロン』×大ヒットラノベ「と…
  3. Amazon、世界で過去最高のホリデーシーズンを記録 Prime…
  4. マイネットがゲーム・Web業界特化型M&Aコンサルティ…
  5. 2017年リリース予定の注目ゲームアプリ 20社の取り組み(前編…
  6. 「Nintendo Switch」いよいよ今週金曜日発売 ローン…
  7. Arkane Studiosが贈るSFホラー『PREY』をPic…
  8. 【モバイルファクトリー決算】過去最高の営業利益を達成 売上高は『…

セミナー / イベント

おすすめ記事

「IP」とは何か…『グランブルーファンタジー』に学ぶIPマネジメント戦略

『ファミ通』の調査によると、昨年の国内家庭用ゲーム(コンシューマーゲーム)の市場規模は2994.8億…

ゲーム音楽プロ交響楽団「JAGMO」の衝撃 – ゲーム音楽の転換点になるのか

ゲーム音楽は、音が鳴るという意味では1970年代頃から、場面転換や表現のための楽曲としては1980年…

最近の投稿

プロモーション

お知らせ

SNS

Facebook




Twitter

PAGE TOP