楽天ゲームズ、HTML5に特化したソーシャルゲーム・プラットフォーム「R Games」の正式提供を開始 拡散・共有のされやすい機能を用意

楽天グループの楽天ゲームズは、2017年4月4日、スマートフォンやパソコンのブラウザで簡単にHTML5ベースのゲームを楽しめるソーシャルゲーム・プラットフォーム「R Games(ラクテン ゲームズ)」の提供を正式に開始しました。

「R Games」では、国内大手ゲーム会社のIPを活用して楽天ゲームズが独自に開発した新作ゲームのほか、多彩なオリジナルコンテンツを提供しており、基本無料でプレイできます。

バンダイナムコエンターテインメントが実施する「カタログIPオープン化プロジェクト」により実現した『パックマン』の横スクロール・ランニングゲーム『パックラン』や、タイトーが1978年に発売し、世界的なブームを巻き起こした『スペースインベーダー』をモチーフとし、「R Games」向けに開発したシューティングゲーム『インベーダーブラスト』など、直感的な操作性で従来のゲームのファン層だけでなくライト層の方にも気軽に楽しめるラインナップを取り揃えています。その他、自社のIPゲームとしては『ドンドンドラゴン』などを配信するとともに、現在、数タイトルの開発を進めているという。

また「R Games」では、ゲーム以外にも様々な機能を用意。ユーザー間でスコアを競いあったり「プレイ動画」を共有できる「ソーシャル」機能や、設定された課題をクリアすることで報酬がもらえる「ミッション」機能など、拡散・共有のされやすい機能を用意しています。

「ミッション」機能の中には、課題が毎日変わる「デイリーミッション」、プラットフォームで長く遊んでもらうことで獲得できる「スターバッジ」、ゲームごとに課題が設定されている「アチーブメント」の3種類が用意されており、ユーザーを飽きさせることがないとのこと。さらに、ゲーム内でのアイテム獲得に必要な仮想通貨の「メダル」を「楽天スーパーポイント」を利用して購入できるなど、既存の楽天ユーザーにも遊びやすいプラットフォームとなっています。

<ソーシャルゲーム・プラットフォーム「R Games」概要>
■サービス概要:HTML5形式の多彩なオンラインゲームが基本無料で楽しめるプラットフォームです。仮想通貨「メダル」を購入して、ゲーム内のアイテム獲得等に利用することができます。「メダル」の購入やすべての機能を利用するには、楽天会員IDでのログインが必要となります。
■サイトURL:https://rgames.jp/
■主なゲームタイトルと概要:
-『パックラン』:1980年に業務用ゲームとして発売され、家庭用ゲームやモバイルゲーム、アニメーションなど様々なメディアを通じて今なお世界中のプレイヤーに親しまれている「パックマン」が、ランニングゲームになりました。

-『インベーダーブラスト』:1978年の発売後、世界的にブームを巻き起こした「スペースインベーダー」をモチーフとし、「R Games」のプラットフォーム特性に対し最適化させた縦スクロールシューティングゲームです。

■ゲーム以外の機能:
「ソーシャル」:ユーザー間でスコアを競い合ったり、フォローしたお気に入りのユーザーに回復アイテムの「ライフ」を贈ったりできるほか、他のユーザーの「プレイ動画」を視聴できます。
「ショップ」:ゲーム内でのアイテム獲得に必要な「メダル」を購入できます(ゲーム内のアイテムを獲得できる「メダル」の購入には、「楽天スーパーポイント」が利用可能、またキャリア決済にも対応しています)。
「ミッション」:課題が毎日変わる「デイリーミッション」、プラットフォームで長く遊んでもらうことで獲得できる「スターバッジ」、ゲームごとに課題が設定されている「アチーブメント」の3種類が用意されており、それぞれに設定された課題をクリアするとゲーム内で利用できる「メダル」や「コイン」などが獲得できます。
「お知らせ」:自身のミッション達成状況やフォローしているユーザーからの「ライフ」の受け取り、ゲームの成績によって獲得できる「トロフィー」の実績など様々な情報が通知されるとともに、その履歴を確認することができます。

<「オープニング記念キャンペーン」について>
■概要: キャンペーン期間中「R Games」で新規会員登録をされたユーザー全員に「メダル」50枚(500円相当)を贈呈
■受付期間: 2017年4月4日(火曜日)11:00 ~ 5月31日(水曜日)23:59

(c) Rakuten Games, Inc.







ABOUTこの記事をかいた人

Pick UPs! 代表 / 編集者 / ライター / APPアナリスト。過去、ゲーム会社でマーケティング、広報、WEBプランナーなど多数のPR業務に従事。その後、Social Game Info 副編集長、Social VR Info 編集長を担当。現在は、ゲームとビジネスの観点で執筆・企画に尽力するほか、アプリデータ分析サービス「Sp!cemart」の編集長も兼務。