Trend

緊迫のADV×脱出ゲームシリーズ2本が装いも新たに登場【新作発売 – 4/10週】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

2017年4月10日(月)~2017年4月16日(日)に発売予定のゲームソフトを紹介する「【新作発売】」。今回は、人気タイトル2本1パッケージになった『ZERO ESCAPE9時間9人9の扉 善人シボウデス ダブルパック』をPick UP。

 

緊迫のADV×脱出ゲームシリーズ2本が装いも新たに登場

2009年にニンテンドーDSで発売されたシリーズ第一作『9時間9人9の扉』と、2012年にPlayStation Vita(PS Vita)/ニンテンドー3DSで発売された第二作『善人シボウデス』が、ダブルパックになってPS4/PS Vitaで登場。単純な移植だけにとどまらず、グラフィックの高解像度化をはじめとする数々の改良が施されており、既に同シリーズをプレイしたファンの方にも楽しめる内容になっているという。

本シリーズはSF、思考実験、オカルト、哲学的問題、心理戦などの要素を取り入れた先の読めない展開と、 緻密かつ大胆なトリック、驚きの物語が反響を呼び、特に海外において数々の高い評価を得ています。

本作では、新たに『9時間9人9の扉』にもボイスを実装。『善人シボウデス』と同様、ノベルパートでの会話はフルボイスで展開。シリーズ第三作『ZERO ESCAPE 刻のジレンマ』にも登場した淳平 (C.V.鈴木達央) と紫 (C.V.沢城みゆき) は、同作から引き続き同一キャストが担当。シリーズを通して違和感なくプレイが可能となっているようです。また、今回は両作品共に英語ボイスも収録。※『善人シボウデス』の主人公シグマにはボイスは無し。

幾つもの分岐が複雑に絡み合う物語が本シリーズの魅力の一つですが、『9時間9人9の扉』で全てのルートをプレイする為には何度もゲームを周回しなければいけませんでした。そこで、本作では『9時間9人9の扉』にもフローチャートを追加。フローチャート上でシナリオ分岐するポイントを確認でき、一度プレイしたシーンへ戻ってリプレイが可能となりました。また、既にプレイ済みのユーザーに特に便利な「未読スキップ」機能を両作品に追加、『9時間9人9の扉』のBGM、SEを高音質化など、様々な改良が施されています。

ジャンル:アドベンチャー
プラットフォーム:PlayStation 4、PS Vita
プレイ人数:1人
CERO:C(15歳以上対象)
標準価格:
PS4版(パッケージ/ダウンロード) 5,378円+税
PSVita版(パッケージ/ダウンロード) 4,838円+税
発売日:2017年4月13日
発売元:スパイク・チュンソフト

 

ほか、4月10日(月)~4月16日(日)発売予定の新作タイトル

ウイニングイレブン2017 KONAMI THE BEST


ジャンル:スポーツ
プラットフォーム:PlayStation 4、3
プレイ人数:1~4人
CERO:A(全年齢対象)
標準価格:
パッケージ版/ダウンロード版 3,980円+税
発売日:2017年4月13日
発売元:KONAMI

 

リプキス


ジャンル:恋愛アドベンチャーゲーム
プラットフォーム:PlayStation 4、PS Vita
プレイ人数:1人
CERO:D(17才以上対象)
標準価格:
パッケージ版 5,980円+税
限定版VirtualBox 9,250円+税
ダウンロード版 5,074円+税
発売日:2017年4月13日
発売元:エンターグラム

 

ケロブラスター


ジャンル:アクション
プラットフォーム:PlayStation 4 ダウンロード
プレイ人数:1人
CERO:A(全年齢対象)
標準価格:
ダウンロード版 980円(税込)
発売日:2017年4月11日
発売元:アクティブゲーミングメディア
開発元:Pixel

(C)Spike Chunsoft Co., Ltd. All Rights Reserved.

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でPick UPs!をフォローしよう!

PickUPs!編集部

投稿者の記事一覧

ゲーム業界の「今」を伝える企画/執筆チームです。WEB・紙面問わず、ゲームをはじめとするエンターテインメント分野で記事・企画を手掛けてまいります。

関連記事

  1. 「鋼の錬金術師」「魔法陣グルグル」スクエニの全雑誌から100作品…
  2. 世界AR/VR関連市場は2020年に2016年の20倍以上に拡大…
  3. アカツキがヴァーチャルアーティストのプロデュースを行う子会社を設…
  4. ガンホーに神奈川県警察が感謝状を贈呈 ゲームの安心・安全に関する…
  5. スマホ利用者のうち直近1年間の有料コンテンツ・アプリ利用者は2割…
  6. Cygamesが佐賀県、佐賀市と三者間で進出協定を締結し、佐賀デ…
  7. スクエニ×プラチナ『NieR:Automata』や『魔女と百騎兵…
  8. ナイト vs 侍 vs ヴァイキング…近接攻撃のオンパレード『フ…

セミナー / イベント

おすすめ記事

「IP」とは何か…『グランブルーファンタジー』に学ぶIPマネジメント戦略

『ファミ通』の調査によると、昨年の国内家庭用ゲーム(コンシューマーゲーム)の市場規模は2994.8億…

ゲーム音楽プロ交響楽団「JAGMO」の衝撃 – ゲーム音楽の転換点になるのか

ゲーム音楽は、音が鳴るという意味では1970年代頃から、場面転換や表現のための楽曲としては1980年…

最近の投稿

プロモーション

お知らせ

SNS

Facebook




Twitter

PAGE TOP