ゲーム音楽プロ交響楽団「JAGMO」の衝撃 – ゲーム音楽の転換点になるのか

ゲーム音楽は、音が鳴るという意味では1970年代頃から、場面転換や表現のための楽曲としては1980年代頃に登場しました。それから三十数年を経た今、ゲーム音楽はさらなる進化を迎えようとしています。その最たるものが、ゲーム音楽のクラシックコンサートです。

オーケストラの演奏によって、最新作のテーマ曲もファミコン音源の曲も、時代を超えて平等に体験することができるようになりました。クラシックというと、曲が始まって3分もしないうちに眠気に襲われたりして、縁遠い存在だと思われがちですが、ゲーム音楽史において、クラシックコンサートは大きな転換をもたらしつつあるのです。

 

■ゲームとクラシック音楽のビジネス的接点

国内音楽市場におけるクラシック音楽のシェアはわずか3.3%と極めて低く、主流であるJ-POPとは比べるべくもありません。市場規模も320億円と小さく、データを見る限り、とてもビジネスチャンスがあるとは思えないジャンルです。

 

そんなクラシック音楽市場ですが、その成長率が前年比10%以上の好調な右肩上がりであることをご存じでしょうか。

この成長を牽引している要素の1つが、ゲーム音楽のクラシックコンサートです。ゲーム音楽のコンサートは、2010~2014年までは平均で年間68回開催されていましたが、2015年には102回、2016年には152回と大きく増加しているのです。(出典:ゲーム音楽のコンサート情報ポータルサイト「2083WEB」に掲載されたコンサート件数<該当サイト>)

ゲーム音楽のコンサートが増えた背景には、ソーシャルゲームが、現実(リアル)を巻き込んだイベントや体験型のプロモーション施策に乗り出したという経緯があります。

コンサート件数が一気に増加した2015年といえば、8月に『モンスターストライク』が初の大型リアルイベント「モンフェス2015」を開催し、9月には『グランブルーファンタジー』が当時最大規模の小間数でTGSに出展した年です。同作に登場する騎空挺「グランサイファー」の展示は大変話題になり、印象に残っている方もいらっしゃるでしょう。

このようなリアルイベントによって、オンラインだけでなく、1つの場所で楽しみをシェアするという面白さが改めて見直された重要なタイミングだったのではないでしょうか。そして、この転機に先駆けて、同年2月に、JAGMOは初のフルオーケストラ公演「伝説の交響楽団」を開催しています。

 

■JAGMOの衝撃

▲JAGMO プレスリリースより「オーケストラ戦闘曲演奏シーン」

JAGMO(Japan Game Music Orchestra)は、「ゲーム音楽を音楽史に残る文化にする」というビジョンのもと、日本初のゲーム音楽プロ交響楽団として2014年にスタートしました。

JAGMOは名作RPGのゲーム音楽を中心に公演を重ね、徐々にファンを増やしていきます。私がJAGMOと初めて出会ったのは、2015年10月に開催された「伝説の音楽祭 – 勇者たちの饗宴 -」でした。その頃は、40代前後の男性が比較的多く来場しており、古参のゲームファンが中心だったように思います。

その後、昨年10月に公開収録の模様がNHK BSプレミアムで放送され、各種SNSはJAGMO一色となるほどの反響となりました。ファンは爆発的に増え、現在では若い女性ファンや海外の方にまで親しまれるようになってきました。

コンサートは、サントリーホール、東京オペラシティなど、東京都内を中心に、本格的なコンサートホールで開催されてきました。豪華で洗練されたエントランスに、スマホを手にしたカジュアルな服装の若者が溢れ、JAGMOくん(JAGMOのマスコットキャラクター)のピンバッジが出てくるガチャガチャがずらりと並びます。

一見、異様ともいえる光景ですが、ゲーム音楽を専門とするJAGMOと、それをバックアップする面白法人カヤックのタッグならではの取り組みだと言えるでしょう。こういった光景ひとつをとってみても、ゲーム音楽、ゲームファン、クラシック音楽の関係を大きく変わったということがわかります。これこそが、JAGMOの衝撃なのです。

 







ABOUTこの記事をかいた人

1984年生まれ。立教大学 社会学部 卒業後、富士通マーケティングに新卒で入社。その後、ITインフラ・クラウド事業を行う企業でサービス企画、 プロジェクトマネージャーに従事。趣味はガンダム研究とゲーム全般。(illust 黒川依)