ガンホーに神奈川県警察が感謝状を贈呈 ゲームの安心・安全に関する啓発活動の実績が評価

ガンホー・オンライン・エンターテイメントは、神奈川県警察と連携したゲームの安心・安全に関する啓発活動の実績を評価され、2017年4月7日(金)に神奈川県警察サイバー犯罪対策課より感謝状を贈呈されたことを発表しました。

■感謝状贈呈の経緯
近年ではゲームのオンライン化などにより、過去には存在しなかったトラブルや不正行為の問題が発生していますが、ガンホーではそのような問題防止の啓発活動として「マンガでバッチリ!子どものゲーム安心・安全対策」を実施。

今回の啓発活動では、チートツール使用などのサイバー犯罪対策に力を入れている神奈川県警察の協力のもと『マンガでバッチリ!ゲーム安心・安全ブック』及び、『啓発ポスター』の配布を、神奈川県内の公立の小・中学校にて順次行なっており、このような取組みが「啓発活動を推進し、児童生徒の規範意識と安全で安心なサイバー空間の醸成に多大な貢献をした」とし感謝状が贈呈されました。

※神奈川県内であっても配布が行われない小中学校もあり。

≪感謝状贈呈式≫
・日程:2017年4月7日(金)
・出席者:神奈川県警察本部 サイバー犯罪対策課長 警視 工藤浩一氏(写真左)
ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社 取締役 CS本部長 越智政人氏(写真右)

■マンガでバッチリ!子どものゲーム安心・安全対策に関して

月刊コロコロコミックにて大人気連載中の「パズドラクロス」のマンガを活用し、ゲームでの「高額決済」、「歩きゲーム(スマホ)」、「乗っ取り(なりすまし)」、「チート」の問題に陥らないための啓発をしています。

マンガはこの啓発活動のために、著者である井上桃太氏により完全描き下ろしで作成。マンガを使用した啓発用の冊子は、約50万冊を発行(うち神奈川県警察を通じて約20万冊)し配布を進めているという。

その他「マンガでバッチリ!子どものゲーム安心・安全対策」ホームページでは、学校の教員の方々向けに「指導案」と「ワークシート」も公開。

ガンホーは今後も神奈川県警察と連携を深め、安心・安全に楽しくゲームで遊べる環境づくりを目指していくという。

(c)井上桃太 2017