Trend

「ファミコンミニ」の生産を一旦終了 全世界150万台を売り上げた人気商品…「Nintendo Switch」の布石にも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

任天堂は、2017年4月14日(金)、「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」(以下、ファミコンミニ)の生産を一旦終了したことを、同商品の公式サイトで発表しました。生産を再開する場合は、改めて公式サイトで案内するという。

2016年11月10日に発売した本商品は、昔懐かしいファミコンを手のひらサイズで復刻した家庭用ゲーム機。価格は5,980円(税別)。

『マリオ』シリーズや『星のカービィ』、『ゼルダの伝説』など任天堂のソフトはもちろん、様々なソフトメーカーの幅広いラインナップから厳選した30本のソフトを収録。ゲームの切替も簡単で、リセットボタンを押すだけで、いつでもホームメニューに戻って別のゲームを遊べます。

先日実施した任天堂の第3四半期決算説明会では、全世界150万台を売り上げたことを発表しています。海外も含めた各市場において、当初に用意した数量を全て出荷し、品切れ状態が続いた本商品。説明会では「調達に時間を要する部材もあるが、増産を行なっている」と明言しているため、生産の再開が待たれます。

また、説明会で君島達己社長は「本商品でビデオゲームの原点に触れたゲームユーザーに、最新ゲーム機である「Nintendo Switch」への関心を持ってもらいたい」と、ファミコンミニが「Nintendo Switch」の売上貢献を担う布石になるよう明言しています。思えば「Nintendo Switch」のジョイコンのサイズも、ファミコンミニのコントローラーサイズと似ているところがあり、どこかテストマーケティングとしての役割も担っていたのが考えられます。

(C)2016 Nintendo

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でPick UPs!をフォローしよう!

PickUPs!編集部

投稿者の記事一覧

ゲーム業界の「今」を伝える企画/執筆チームです。WEB・紙面問わず、ゲームをはじめとするエンターテインメント分野で記事・企画を手掛けてまいります。

関連記事

  1. 『パラッパラッパー』 – 始祖の功績と失われた音ゲー…
  2. 『がんばれゴエモン』シリーズのサントラBOXが5月26日に発売 …
  3. スクエニ、新規RPGプロジェクトを発表 新開発スタジオ「スタジオ…
  4. アジアオリンピック評議会、2022年のアジア競技大会で正式メダル…
  5. 任天堂「Newニンテンドー2DS LL」を7月13日に発売決定 …
  6. AR制作ソフト「COCOAR」にスタンプラリー機能が導入 連動観…
  7. アミューズメント機器のサービス事業会社・バンダイナムコテクニカ設…
  8. 総合電子書籍ストア「BOOK☆WALKER」の過去5年間の推移 …

セミナー / イベント

おすすめ記事

「IP」とは何か…『グランブルーファンタジー』に学ぶIPマネジメント戦略

『ファミ通』の調査によると、昨年の国内家庭用ゲーム(コンシューマーゲーム)の市場規模は2994.8億…

ゲーム音楽プロ交響楽団「JAGMO」の衝撃 – ゲーム音楽の転換点になるのか

ゲーム音楽は、音が鳴るという意味では1970年代頃から、場面転換や表現のための楽曲としては1980年…

最近の投稿

プロモーション

お知らせ

SNS

Facebook




Twitter

PAGE TOP