マーベラス、次世代IP創出や『閃乱カグラ』の企画・育成強化を目的とした新たな子会社「HONEY∞PARADE GAMES」を設立 代表取締役は爆乳プロデューサーこと高木謙一郎氏

マーベラスは、新たな子会社である株式会社HONEY∞PARADE GAMESを、2017年5月9日に設立することを発表しました。

事業内容は、マーベラスの主力IPである『閃乱カグラ』の企画・育成強化を中心に置きつつ、次世代のIP創出を目的としているという。代表取締役には、ユーザーから“爆乳プロデューサー”の愛称で親しまれている、『閃乱カグラ』シリーズの生みの親・高木謙一郎氏(マーベラス執行役員、ゲームスタジオ本部 HONEY∞PARADE GAMES スタジオ長)。

『閃乱カグラ』とは、忍びとして生きる少女たちの熱く激しい戦いと青春を描いた、ちょっとセクシーな爽快アクションゲーム。家庭用ゲーム用ソフトはもちろん、グッズ、書籍、CD、アニメ化などメディアミックス展開も盛んなタイトルです。

■設立する子会社の概要

(1) 名称 株式会社 HONEY∞PARADE GAMES
(2) 所在地 東京都品川区東品川四丁目12 番8号
(3) 代表者 代表取締役 高木 謙一郎(当社執行役員 ゲームスタジオ本部 HONEY∞PARADE GAMES スタジオ長)
(4) 設立年月日 平成 29 年5月9日(予定)
(5) 事業内容 家庭用ゲームソフトの企画・開発・制作
オンラインゲームの企画・開発・制作・運営
映像コンテンツの企画・制作 等
(6) 資本金 10 百万円
(7) 大株主及び持株比率 株式会社マーベラス(100%)
(8) 当社との関係 ①資本関係:当社が 100%出資する子会社であります。
②人的関係:当社の従業員1名を当該子会社の取締役とする予定であります。
③取引関係:当該子会社が販売する商品やサービスに関し、取引関係が発生する予定であります。