Information

[掲載情報]韓国発の『HIT』が日本で大ヒット 間口を広げるためにネクソンが行ったカルチャライズとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

Pick UPs!の原孝則が取材・執筆を担当いたしましたインタビュー記事「韓国発の『HIT』が日本で大ヒット 間口を広げるためにネクソンが行ったカルチャライズとは」が、Sp!cemart Newsに掲載されました。詳細は、下記のリンク先からご覧ください。

Editor's Note by 原孝則 Editor's Note by 原孝則

日本でスマッシュヒットを記録している『HIT』。ローカライズのみならず、キャラクターデザインの変更やレベルデザインなど、様々な面で日本ユーザー向けにカルチャライズされています。個人的に驚いたのは、UIの変更がなかったこと。ぜひご一読ください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でPick UPs!をフォローしよう!

PickUPs!編集部

投稿者の記事一覧

ゲーム業界の「今」を伝える企画/執筆チームです。WEB・紙面問わず、ゲームをはじめとするエンターテインメント分野で記事・企画を手掛けてまいります。

関連記事

  1. 100万DL突破で勢い付く『三国志乱舞』ヒットの要因を開発陣に聞…
  2. 猫だけどガチ戦国! 可愛く見えて硬派な新作アプリ『ぐるぐるダンジ…
  3. 提案・開発・配信の全行程に多くのドラマが…『モンスターストライク…
  4. [掲載情報]『ガーディアン・クルス』4年半続けて良かったこと、悪…
  5. エンジニア必読の「オライリー」シリーズがアプリ化!? 開発経緯を…
  6. なぜ彼女たちは闘い続けるのか…。緻密な設定が光る、萌え燃えなコロ…
  7. 台湾の「twitch」MAUは450万人とアジア随一 熱を帯びる…
  8. 『クラッシュ・ロワイヤル』が全世界で続々首位に…この面白さ万国共…

セミナー / イベント

おすすめ記事

「IP」とは何か…『グランブルーファンタジー』に学ぶIPマネジメント戦略

『ファミ通』の調査によると、昨年の国内家庭用ゲーム(コンシューマーゲーム)の市場規模は2994.8億…

ゲーム音楽プロ交響楽団「JAGMO」の衝撃 – ゲーム音楽の転換点になるのか

ゲーム音楽は、音が鳴るという意味では1970年代頃から、場面転換や表現のための楽曲としては1980年…

最近の投稿

プロモーション

お知らせ

SNS

Facebook




Twitter

PAGE TOP