【カプコン決算】『バイオ7』『モンハンXX』が貢献し増収増益 コンシューマ全体のDLC売上比率は31.5%と好調

カプコンは、2017年4月27日(木)、2017年3月期決算を発表しました。2017年3月期連結業績(2016年4月1日~2017年3月31日)は、売上高871億7000万円(前年比13.2%増)、営業利益136億5000万円(前年比13.5%増)、経常利益125億8900万円(前年比10.9%増)、純利益は88億7900万円(前年比14.6%増)となりました。

売上、利益の全項目において前年同期を上回りました。

1. 2017年3月期 連結業績(累計)

 ※単位は百万円 売上高 営業利益 経常利益 純利益
2017年3月期 87,170 13,650 12,589 8,879
2016年3月期 77,021 12,029 11,348 7,745

2. 2018年3月期 連結業績予想

 ※単位は百万円 売上高 営業利益 経常利益 純利益
2018年3月期 93,000 14,500 14,000 9,500


■カプコン 第4四半期(2017年1月~3月)取り組み

◆スマートフォン向け『ロックマン モバイル』シリーズ6作品リリース(1月)
◆USJ「モンスターハンター・ザ・リアル」開催(1月)
◆PS4/Xbox One/PC『バイオハザード7 レジデント イービル』発売(1月)
◆イベント「逆転裁判 15周年 特別法廷」開催(1月)
◆舞台「斬劇『戦国BASARA』関ヶ原の戦い」開催(2月)
◆舞台「BIOHAZARD THE Experience」開催(2月)
◆イベント「バサラ祭2017 ~もののふ語り~」開催(2月)
◆3DS『モンスターハンター ダブルクロス』発売(3月)

■デジタルコンテンツ事業

 ※単位は百万円 2016年3月期 2017年3月期 増減率
売上高 52,577 58,704 11.70%
営業利益 12,167 11,096 △8.80%
営業利益率 23.10% 18.90%  -

デジタルコンテンツ事業では、VR完全対応の主力タイトル『バイオハザード7 レジデント イービル』(PS4、Xbox One、PC)が全世界で350万本出荷を記録し、順調に推移。また、現行機版『バイオハザード4』 『5』 『6』は、3作合計で期中280万本と好調で、安定したユーザーに支えられ健闘しています。

そして、3月に発売した『モンスターハンターダブルクロス』(3DS)も170万本出荷という堅調な出足を示したほか、第1作目の海外版も定着したブランド力により底堅い売行きを記録しました。

ちなみにコンシューマタイトルのDLCは、コンテンツ資産を活用したリピート販売が好調。コンシューマにおけるDLC売上比率は31.5%も占めます。

オンラインゲームやモバイルコンテンツは、局面打開に向けて開発体制や運営方法の見直しを進めるなか、女性スタッフが中心となって開発したスマートフォン向け恋愛ゲーム『囚われのパルマ』(アンドロイド、iOS用)が配信開始日にApp Store有料ランキング1位を獲得するなど、新境地を開きました。

ネガティブな面では、『デッドライジング4』(Xbox One、PC)および低年齢者向けに投入した『モンスターハンターストーリーズ』(3DS)が、総じて軟調に推移。後者は現在TVアニメを放送しているだけに、定常的な露出やグッズ販売等も鑑みてヒットが欲しかったところ。

▲カプコン 2017年3月期 決算説明会資料より

 

■アミューズメント施設事業

※単位は百万円 2016年3月期 2017年3月期 増減率
売上高 9,056 9,525 5.20%
営業利益 699 752 7.50%
営業利益率 7.70% 7.90%  –

アミューズメント施設事業は、風適法(風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律)の改正が2016年6月に施行されたことにより夜間の入店規制が緩和されたこともあり、市場環境は復調の兆しが出てきました。

こうした状況のもと、「地域一番店」を旗印に各種イベントの開催や快適な店舗運営など、地域密着型の集客展開によりリピーターの確保、中高年齢者や親子連れのファミリー等、幅広い客層の取り込みに努めました。

また、新たなビジネスチャンスを切り開くため、キャラクターグッズ等の販売を目的とする新業態の「キャラカプ」を店舗に併設するなど、新機軸事業を推進。

なお、当期間は、3店舗を開店するとともに、1店舗を閉鎖。これにより、施設数は36店舗になりました。

■アミューズメント機器事業

※単位は百万円 2016年3月期 2017年3月期 増減率
売上高 13,343 16,856 26.30%
営業利益 2,812 5,106 81.60%
営業利益率 21.10% 30.30%  –

パチスロ機部門は、目玉機種の『モンスターハンター 狂竜戦線』が家庭用ゲームとの好循環により大ヒットを放つとともに、販売拡大のけん引役を果たしました。

また、業務用機器部門については、『マリオパーティふしぎのチャレンジワールド』を発売したほか、既存商品のリピート販売に注力。

■その他事業

※単位は百万円 2016年3月期 2017年3月期 増減率
売上高 2,043 2,083 2.00%
営業利益 511 969 89.80%
営業利益率 25.00% 46.50%  –

その他事業については、主なものはライセンス許諾によるロイヤリティ収入やキャラクターグッズなどの物品販売。

今後の見通しでは、中期的な戦略マップに基づいた大型タイトルの投入数拡充やダウンロード販売の強化などにより、デジタルコンテンツ事業の継続的な成長を図るとともに、パチスロ機を安定的に発売することで、収益拡大を目指すという。