Seminar

IGDA日本がアートワークの受発注セミナーを6月10日に開催 受発注に関するトラブル事例と対応策を議論

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

NPO法人IGDA日本が、アートワークの受発注ノウハウに関するセミナーを6月10日に開催します。

ゲーム開発の規模が拡大する中で、アートワークの外注化が進んでいます。その一方で、受発注に関するトラブルも増加しています。そこで、本セミナーでは、アートワークの発注側・受注側・ツールベンダーが一堂に会し、良くあるトラブル事例や対応策について議論が行われるということです。

開催概要
  • 日時  :2017年6月10日 14:30~19:30(開場14:00)
  • 会場  :株式会社オルトプラス(東京都渋谷区渋谷3-12-18 渋谷南東急ビル 9F)
  • 参加費 :1,500円(ビアバッシュ込み)
  • 協賛  :株式会社ウェブテクノロジ・コム
プログラムと登壇者

1.「イントロダクション:ツールベンダー見聞録Lite(仮)」 ウェブテクノロジ・コム 浅井維新
ツールベンダーの立場として、アートワークにまつわるご相談をたびたび請けます。発注・受注双方のご縁をつなぐ中で、受注側から出てくるひどい目に有った事例、その中からいくつかを例示。単なる『あるある話』に終わらせること無く、その原因と業界に根付いたこの問題の解消方法を探ります。

2.「アートワーク受発注ノウハウ(仮)」 アグニ・フレア 下澤章吾
広くアートワーク全般を受託する側として、エフェクトという指示のしづらい題材を使い、クライアントとの意思疎通ノウハウを共有します。

3.「両方の立場から(仮)」 ORSO 川畑良平

4.ディスカッション「発注と受注のすれ違い(仮)」
発注側と受注側のそれぞれの立場から、うまくいったいかなかった事例について原因と改善方法を議論します。

5.懇親会(ビアバッシュ)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でPick UPs!をフォローしよう!

PickUPs!編集部

投稿者の記事一覧

ゲーム業界の「今」を伝える企画/執筆チームです。WEB・紙面問わず、ゲームをはじめとするエンターテインメント分野で記事・企画を手掛けてまいります。

関連記事

  1. 人気アプリ『ダビマス』におけるデザイナーの役割とは ドリコム主催…
  2. 日本初のスマホゲーム限定の展示会「SGF IN TOKYO201…
  3. 「若手ゲームクリエイターのための転職活動支援セミナー」が5月24…
  4. セミナー「スマホゲーム×動画マーケティング」が2月17日に開催 …
  5. 無料セミナー「ゲームクリエイターにとってのキャリアッププランとは…
  6. ゲンロンカフェがVRをテーマにイベントを4月26日に開催 ゲスト…
  7. 「ゲーム業界就職・転職イベント G JOB FESTA 2017…
  8. VR業界を代表するメーカーが一堂に会するVRサミットが3月25日…

セミナー / イベント

おすすめ記事

「IP」とは何か…『グランブルーファンタジー』に学ぶIPマネジメント戦略

『ファミ通』の調査によると、昨年の国内家庭用ゲーム(コンシューマーゲーム)の市場規模は2994.8億…

ゲーム音楽プロ交響楽団「JAGMO」の衝撃 – ゲーム音楽の転換点になるのか

ゲーム音楽は、音が鳴るという意味では1970年代頃から、場面転換や表現のための楽曲としては1980年…

最近の投稿

プロモーション

お知らせ

SNS

Facebook




Twitter

PAGE TOP