Information

[掲載情報]アカツキ×カヤック TOP対談(前編) ソーシャルゲーム黎明期からヒットゲームアプリ創出まで、両社の歩みを赤裸々に語る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

Pick UPs!の原孝則が取材・執筆を担当いたしましたセミナー記事「【特集】アカツキ×カヤック TOP対談(前編) ソーシャルゲーム黎明期からヒットゲームアプリ創出まで、両社の歩みを赤裸々に語る」が、Social Game Infoに掲載されました。詳細は、下記のリンク先からご覧ください。

Editor's Note by 原孝則 Editor's Note by 原孝則

ゲームアプリ市場を駆け抜けるアカツキ社とカヤック社のTOP対談です。ブラウザソーシャルゲームから事業を立ち上げ、その後はスムーズなネイティブシフトやヒットゲームアプリを創出している両社ですが、そこには様々なエピソードがありました。なかなか表には出せない情報も飛び交いましたが、濃密な対談記事となっています。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でPick UPs!をフォローしよう!

PickUPs!編集部

投稿者の記事一覧

ゲーム業界の「今」を伝える企画/執筆チームです。WEB・紙面問わず、ゲームをはじめとするエンターテインメント分野で記事・企画を手掛けてまいります。

関連記事

  1. [掲載情報]『Fate/Grand Order』開発・運営のディ…
  2. 子供は成長して大人は童心に返れる作品…知育アプリ『ほしの島のにゃ…
  3. [掲載情報]『ガーディアン・クルス』4年半続けて良かったこと、悪…
  4. 仏・ゲームロフトの東京スタジオが贈る『マグナメモリア』に交わる一…
  5. アプリマーケティングの有効性とは… リサーチ部隊の立ち上げ秘話や…
  6. ミクシィのモンストスタジオが採用強化中! 『モンスト』生みの親・…
  7. 『スクールガールストライカーズ』は単なる美少女“ポチポチゲーム”…
  8. 『グラブル』等を手掛けるCygamesシニアディレクター陣に訊く…

セミナー / イベント

おすすめ記事

「IP」とは何か…『グランブルーファンタジー』に学ぶIPマネジメント戦略

『ファミ通』の調査によると、昨年の国内家庭用ゲーム(コンシューマーゲーム)の市場規模は2994.8億…

ゲーム音楽プロ交響楽団「JAGMO」の衝撃 – ゲーム音楽の転換点になるのか

ゲーム音楽は、音が鳴るという意味では1970年代頃から、場面転換や表現のための楽曲としては1980年…

最近の投稿

プロモーション

お知らせ

SNS

Facebook




Twitter

PAGE TOP