Information

[掲載情報]「コンシューマーゲームを作りたい!」…次なる“体験”の提供を目指す アカツキ×カヤック TOP対談(後編)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

Pick UPs!の原孝則が取材・執筆を担当いたしましたセミナー記事「【特集】「コンシューマーゲームを作りたい!」…次なる“体験”の提供を目指す アカツキ×カヤック TOP対談(後編)」が、Social Game Infoに掲載されました。詳細は、下記のリンク先からご覧ください。

Editor's Note by 原孝則 Editor's Note by 原孝則

後編では、両社が求めている人物像をはじめ、それぞれのチャレンジしたいことやビジョンについての話題が展開。ゲームアプリ市場を駆け抜けるアカツキとカヤックの両社から、コンシューマゲームを「作りたい」という力強い言葉が飛び出したり、今後の展開が楽しみになる対談となりました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でPick UPs!をフォローしよう!

PickUPs!編集部

投稿者の記事一覧

ゲーム業界の「今」を伝える企画/執筆チームです。WEB・紙面問わず、ゲームをはじめとするエンターテインメント分野で記事・企画を手掛けてまいります。

関連記事

  1. 単純なIP農園ゲームに留まらない衝撃的な結末が…ワンオブゼム・武…
  2. 『モンスト』の基盤を支えるエンジニアに訊く開発現場
  3. 『パズル&ドラゴンズ』の2013年を振り返る
  4. [掲載情報]〇〇サービス終了 –開発現場から愛をこめて- 第1回…
  5. 運任せでは無い…煌く宝石をじっくり眺めて消していく光と音のパズル…
  6. 「運営無能杉」…非難轟々な状況下も様々な施策で解決へ 「売上3万…
  7. 子供は成長して大人は童心に返れる作品…知育アプリ『ほしの島のにゃ…
  8. [掲載情報]年内50作品掲載、さらに書籍化も視野に 漫画事業を立…

セミナー / イベント

おすすめ記事

「IP」とは何か…『グランブルーファンタジー』に学ぶIPマネジメント戦略

『ファミ通』の調査によると、昨年の国内家庭用ゲーム(コンシューマーゲーム)の市場規模は2994.8億…

ゲーム音楽プロ交響楽団「JAGMO」の衝撃 – ゲーム音楽の転換点になるのか

ゲーム音楽は、音が鳴るという意味では1970年代頃から、場面転換や表現のための楽曲としては1980年…

最近の投稿

プロモーション

お知らせ

SNS

Facebook




Twitter

PAGE TOP