定額制動画配信サービスの利用実態が明らかに 利用者は1100万人、最も利用されているサービスは「Amazonプライム・ビデオ」

カドカワのエンターテインメント消費者動向調査サービス「eb-i Xpress」は、全国の5~69歳の男女を対象に、定額制動画配信サービスの利用実態について調査を行いました。

有料の動画配信サービスを利用する人は1,000万人以上に

「料金を支払って、定額制の動画配信サービスを利用しているか」という点を調査したところ、推定1,100万人が利用しているという結果になりました。2015年9月に行われた同調査では、利用者は722万人だったことから、2年間で大幅に増加したことがわかります。「eb-i Xpress」は、様々なサービスが参入し、定額制動画配信サービスが浸透するとともに、今後も利用者数が増加していくことが見込まれる、としています。

利用者の男女比率は、男性57.4%、女性42.6%で、男性がやや多いことがわかりました。年代別では、40代の利用が21.4%と最も多く、30代が20.6%、20代が18.4%でした。経済的に安定し、映像コンテンツに対する需要の高い、“大人世代”の利用者が多い傾向にあるようです。

定額動画配信サービスで人気のジャンルは「海外映画」

定額制動画配信サービスの利用者が最も視聴しているジャンルは「海外映画」で、利用者の半数近くが観ています。2位以下は、「国内映画」「海外ドラマ」「アニメ」と続き、地上波でも視聴できる「国内ドラマ」「国内バラエティ」といったジャンルよりも、視聴に利用料がかかるジャンルの方が人気の高い傾向が見られました。

最も利用されている定額動画配信サービスは「Amazonプライム・ビデオ」

利用している動画配信サービスを調査したところ、「Amazonプライム・ビデオ」が最も多いという結果になりました。国内では後発のサービスでありながら、性別・年齢を問わず幅広い層の利用者を獲得しています。

同じく海外発の「Hulu」は2位となり、国内事業者によるサービス「ひかりTV」「dTV」は3位、4位となりました。

さらに、今季よりJリーグ全試合を動画配信する「DAZN(ダ・ゾーン)」が6位にランクイン。サービス運営各社は、オリジナルコンテンツにも力を入れており、そのサービスならではの限定要素も、利用者を惹きつける理由のひとつとなっているようです。視聴方法やコンテンツが多様化する中、各サービスの動向が注目されます。

調査概要

国内26万人パネルから、全国47都道府県の5~69歳(※)の男女1万人超のモニターを対象に、エンターテイメント分野に関して週次でWeb調査を行う、大規模ユーザーリサーチシステム「eb-i」を元に運用。映画・テレビ・ゲーム・コミック・音楽など各エンターテイメントジャンルについて、「eb-i」から抽出したデータをもとに、一定のセグメント・ユーザー嗜好を組み合わせたクロス集計を実施。
(※)14歳以下は保護者の代理回答。

「eb-i Xpress」 について

「eb-i Xpress」は、月次レポートと専用サイトのアクセス権を基本パッケージとしたサービス。月次レポートは、エンターテイメント各ジャンルの接触ランキング、各種分析、時流に応じたテーマをデータで切り取る特集記事などから構成されます。専用サイトでは、随時更新される集計データと過去のアーカイブを閲覧することができます。