ゲームタイアップ広告の事例と成果 スマホゲーム事業社の新たなマネタイズ手法として注目

Pick UPs!の原孝則が取材・執筆を担当いたしましたインタビュー記事「ゲームタイアップ広告の事例と成果 スマホゲーム事業社の新たなマネタイズ手法として注目」が、Sp!cemart Newsに掲載されました。詳細は、下記のリンク先からご覧ください。

Editor's Note by 原孝則 Editor's Note by 原孝則

スマホゲームを、プラットフォーム・メディアとして捉えた時の広告価値。たしかに、ゲームの世界をひとつの社会と考えれば、その広告効果も時には計り知れないものに。加えて、タイトルによってはM1層、F1層、ティーン層を囲えてるのが大きい。クリエイティブによっては、世界観をぶち壊しかねないですが、対象ゲームのコンセプトに合致した演出で導入を進めれば、相乗効果にも繋がることでしょう。何より事業社側の新たなマネタイズ方法として機能すればこれ幸い。