Information

[掲載情報]ゲームタイアップ広告の事例と成果 スマホゲーム事業社の新たなマネタイズ手法として注目

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

Pick UPs!の原孝則が取材・執筆を担当いたしましたインタビュー記事「ゲームタイアップ広告の事例と成果 スマホゲーム事業社の新たなマネタイズ手法として注目」が、Sp!cemart Newsに掲載されました。詳細は、下記のリンク先からご覧ください。

Editor's Note by 原孝則 Editor's Note by 原孝則

スマホゲームを、プラットフォーム・メディアとして捉えた時の広告価値。たしかに、ゲームの世界をひとつの社会と考えれば、その広告効果も時には計り知れないものに。加えて、タイトルによってはM1層、F1層、ティーン層を囲えてるのが大きい。クリエイティブによっては、世界観をぶち壊しかねないですが、対象ゲームのコンセプトに合致した演出で導入を進めれば、相乗効果にも繋がることでしょう。何より事業社側の新たなマネタイズ方法として機能すればこれ幸い。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でPick UPs!をフォローしよう!

PickUPs!編集部

投稿者の記事一覧

ゲーム業界の「今」を伝える企画/執筆チームです。WEB・紙面問わず、ゲームをはじめとするエンターテインメント分野で記事・企画を手掛けてまいります。

関連記事

  1. 『バトルガール ハイスクール』の対戦モード「競技」は、“遊ぶ度”…
  2. 「度重なるミーティングは不毛なやり取り」…無駄を省いてヒット作を…
  3. Cygames、待望の新作アプリ『SHADOWVERSE』の先行…
  4. [掲載情報]斬新なVRゲームを矢継ぎ早に提供し続けるコロプラ リ…
  5. なぜ彼女たちは闘い続けるのか…。緻密な設定が光る、萌え燃えなコロ…
  6. サイバーエージェント新作『ロイヤルフラッシュヒーローズ』の開発陣…
  7. 『アイドルマスター シンデレラガールズ』のライブに華を添える“フ…
  8. 男性アイドルたちのボイスと楽曲を“高音質”で表現するために…話題…

セミナー / イベント

おすすめ記事

「IP」とは何か…『グランブルーファンタジー』に学ぶIPマネジメント戦略

『ファミ通』の調査によると、昨年の国内家庭用ゲーム(コンシューマーゲーム)の市場規模は2994.8億…

ゲーム音楽プロ交響楽団「JAGMO」の衝撃 – ゲーム音楽の転換点になるのか

ゲーム音楽は、音が鳴るという意味では1970年代頃から、場面転換や表現のための楽曲としては1980年…

最近の投稿

プロモーション

お知らせ

SNS

Facebook




Twitter

PAGE TOP