ソニーのおもちゃ、12月に登場! 子どもの創意工夫で大きく広がる「toio」…対応タイトルも企画・開発中

ソニーは、体感型のトイ・プラットフォーム「toio™(トイオ)」を2017年12月1日に発売すると発表しました。

toioは、様々な遊びやゲームなどのコンテンツが入った別売りのtoio対応タイトルと組み合わせることで、直接おもちゃを触りながら操作し、アクションゲームやパズルゲーム、動きのある工作などの遊びを楽しむことができる、新たなプラットフォーム。

toioの楽しみ方は、子どもたちの創意工夫によって大きく広がります。ソニー、および様々なパートナー企業からtoioで遊ぶためのゲームや工作キットなどのタイトルが続々と発売されtoioを使った遊びの世界を広げていくという。

なお、本商品および事業は、株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所での次世代インタラクション研究を元に、ソニーの新規事業創出プログラム“Seed Acceleration Program(SAP)”を通じて生まれたとのこと。

商品名 型名 発売日 価格
トイ・プラットフォーム「toio™」 『TA-T010』 12月1日 オープン価格
toio対応タイトル「トイオ・コレクション」 『TA-C0S001』 12月1日 オープン価格
toio対応タイトル「工作生物 ゲズンロイド」 『TA-C0EU01』 12月1日 オープン価格

トイ・プラットフォームtoioは、本体の“toio コンソール(以下、コンソール)”と、モーター内蔵で動き回ることのできる“toio コア キューブ(以下、キューブ)”2台、それぞれのキューブの動きを制御する2台のコントローラー“toio リング(以下、リング)”により構成されています。また、別売りのtoio対応タイトルは、ゲームや遊びのシナリオやルール、音声などのデータが格納されたカートリッジと、各タイトル専用でキューブを載せて遊ぶためのマットやカード、本、そしてキューブの上に乗せて遊べるキャラクターフィギュアや工作物などで構成。

toioでのゲームや遊びは、各タイトルに付属のカートリッジをコンソールにセットし、キューブを専用のマットの上に乗せることからはじまります。キューブは、ソニー独自の絶対位置センサーでマット上の位置をリアルタイムに検出し、コンソールからの無線指示に従って様々なルールやシナリオ、アルゴリズムに沿った正確な動きを実現。この技術により、例えば、アクションゲームの場合、マット上に描かれた仕掛けをキューブが通過すると、センサーがその情報を読み取り、スピンするなどキューブの動作を変えることが可能となり、タイトルによって変わるルールやシナリオに基づく動きが展開されます。

toioの発売に合わせて、レゴ®製品(別売り)などを組み合わせて遊ぶことができる工作バトルゲームやプログラミング発想を育むパズルなどの5つの遊びが入った「トイオ・コレクション」、クリエイティブグループのユーフラテスの監修による、紙とキューブで生物のような作品を作る「工作生物 ゲズンロイド」の2本のタイトルの発売を予定。さらに、株式会社バンダイや株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメントをはじめとするパートナー各社がタイトルを企画・開発中。以降も、toio対応タイトルは順次拡充されていく予定という。

ソニーのサイト「First Flight」にてtoioの先行予約販売を開始します(数量限定)。

Copyright 2017 Sony Corporation