『Maru-Jan』のシグナルトーク、週休3日を実現する制度導入 労働時間は減り、給与はそのまま 会社の売上は過去最高を更新する見込み

シグナルトークは、週休3日を実現する「CreatorDay制度」を6月5日(月)より導入すると発表しました。一般の週休3日制度では、給与が日割りで減額になったり、1日の所定労働時間が10時間などになるのが通例ですが、給与の変更はなく、1日の所定労働時間も8時間となっているという。

長時間労働や休日出勤のイメージが強いゲーム業界ですが、週休3日とすることでワークライフバランスを向上させ、介護や育児、家族との時間の確保や、自己啓発をおこなったり、副業も可能な制度になっています。新たに休日となる月曜日は出勤も可能で、自分のペースで働くことも可能。

同社では、「短い時間で、高いアウトプット」を掲げ、全社的な効率化を進めてきたとのこと。本制度の導入前の2016年の月平均労働時間は147.3時間と、全国平均約161.1時間を大きく下回っていますが、売上は過去最高を記録。2017年は「CreatorDay制度」によって、労働日数の削減に加え、労働時間をさらに削減し、月間労働時間128時間を目標としながらも、過去最高売上の記録を更新する見込みです。

「CreatorDay制度」の実現に、さらなる効率化が必要と考えるシグナルトークでは、業務フローの見直し、業務自動化、個々のスキルアップ、各作業時間の計測などをおこなって、より能率化を図る「倍速」を推進していくという。また、同じ時間で、より価値の高いアウトプットを出す「倍価値」にも力を入れており、ユーザーからの意見は全て全社で共有したり、社員全員が毎週1つ以上のユーザー価値向上のための提案を行うなど、具体的な施策を進めていくという。

■ 「CreatorDay制度」について

●第1月曜日:有休奨励日(会社が年次有給休暇取得を奨励する日)
●第2~第5月曜日:自由出勤日(休む場合は特別休暇を取得)