Information

[掲載情報]「ひとつの社会」…『戦国炎舞 –KIZNA-』が長年愛され続ける理由 運営におけるターニングポイントだった施策とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

Pick UPs!の原孝則が取材・執筆を担当いたしましたインタビュー記事「「ひとつの社会」…『戦国炎舞 –KIZNA-』が長年愛され続ける理由 運営におけるターニングポイントだった施策とは」が、Sp!cemart Newsに掲載されました。詳細は、下記のリンク先からご覧ください。

Editor's Note by 原孝則 Editor's Note by 原孝則

本来スマホゲームの運営と言えば、「月末月初で売上作って」「ガチャイベントはこのタイミングで」など、きちんと考えながらスケジュールを決めていくものですが、3周年を迎えた以降は、ユーザー還元を徹底していった本作。ユーザーがゲームの世界で“社会”を形成していくように、運営もファンサービスを考慮しながらまた新たな広場を作り上げていく。熱狂を生み出す施策を、自然と投入しているのがうかがえました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でPick UPs!をフォローしよう!

PickUPs!編集部

投稿者の記事一覧

ゲーム業界の「今」を伝える企画/執筆チームです。WEB・紙面問わず、ゲームをはじめとするエンターテインメント分野で記事・企画を手掛けてまいります。

関連記事

  1. 『ナイツオブグローリー』の魅力に運営インタビューを交えて迫る
  2. [掲載情報]第3話「30代♀、自分が向いている方角を考える」- …
  3. ゴーレムはみんな強くてみんな弱い。配信前に覚えておきたい『魔女の…
  4. [掲載情報]デザインにストーリーを持たせる…『モンスト』『ブラナ…
  5. 『キャンディークラッシュ』開発会社のKing CEO リカルド・…
  6. 祝「Mobage AWARD」W受賞の『グランブルーファンタジー…
  7. 遂にガンホーがマルチプレイに舵を切る! 『ピコットキングダム』に…
  8. 数字(結果)に正直であれ! モバイルアプリ市場における最新マーケ…

セミナー / イベント

おすすめ記事

「IP」とは何か…『グランブルーファンタジー』に学ぶIPマネジメント戦略

『ファミ通』の調査によると、昨年の国内家庭用ゲーム(コンシューマーゲーム)の市場規模は2994.8億…

ゲーム音楽プロ交響楽団「JAGMO」の衝撃 – ゲーム音楽の転換点になるのか

ゲーム音楽は、音が鳴るという意味では1970年代頃から、場面転換や表現のための楽曲としては1980年…

最近の投稿

プロモーション

お知らせ

SNS

Facebook




Twitter

PAGE TOP