「ひとつの社会」…『戦国炎舞 –KIZNA-』が長年愛され続ける理由 運営におけるターニングポイントだった施策とは

Pick UPs!の原孝則が取材・執筆を担当いたしましたインタビュー記事「「ひとつの社会」…『戦国炎舞 –KIZNA-』が長年愛され続ける理由 運営におけるターニングポイントだった施策とは」が、Sp!cemart Newsに掲載されました。詳細は、下記のリンク先からご覧ください。

Editor's Note by 原孝則 Editor's Note by 原孝則

本来スマホゲームの運営と言えば、「月末月初で売上作って」「ガチャイベントはこのタイミングで」など、きちんと考えながらスケジュールを決めていくものですが、3周年を迎えた以降は、ユーザー還元を徹底していった本作。ユーザーがゲームの世界で“社会”を形成していくように、運営もファンサービスを考慮しながらまた新たな広場を作り上げていく。熱狂を生み出す施策を、自然と投入しているのがうかがえました。