Trend

サイバーエージェントとCygamesが共同でアニメファンドを組成 「AbemaTV」のアニメコンテンツ拡充とCygamesによるゲーム化展開を促進

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

サイバーエージェントは、連結子会社の株式会社Cygamesと共同で、アニメIPへの投資を目的としたファンド「CA-Cygamesアニメファンド」を2017年6月中に組成することを発表しました。

「CA-Cygamesアニメファンド」は、アニメ領域における同社グループの事業拡充を目的に、アニメ製作委員会への出資を通し、アニメ作品のネット配信権、ゲーム化権の取得などを図り、アニメIPへの投資に特化して組成するもので、ファンド総額は30億円を予定。

日本動画協会の「アニメ産業レポート2016」によると、日本のアニメ産業市場は2015年実績で約1兆8,255億円におよび、前年比12%増、3年連続で拡大し続けるなど、今後も大きな成長が期待されています。

このような市場背景のもと、同社グループでは本ファンドでのアニメ投資を通して、Cygamesおよびサイバーエージェントグループにおけるアニメのゲーム化展開や、子会社の株式会社AbemaTVが運営するインターネットテレビ局「AbemaTV」でのネット配信をはじめとしたメディア事業展開を行うという。

ゲームの企画・開発・運営を事業内容とするCygamesは、アニメ製作および委員会への出資事業も展開しており、これまでに「ユーリ!!! on ICE」や「この世界の片隅に」等TVアニメ・劇場アニメ作品への出資も行っています。

また、サービス提供開始から約1年でダウンロード数が1,700万を突破するなど急速に利用者を伸ばしている「AbemaTV」では、月間の番組視聴数ランキングでも上位にアニメ番組がランクインするなど、2016年4月開局当初より、アニメコンテンツが高い人気を誇っています。TVアニメ・劇場版の配信タイトル数は累計700作品を超え、『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語』の日本初独占配信をはじめとした、独自のアニメコンテンツ拡充にも注力。

今後は、「CA-Cygamesアニメファンド」を通し、アニメIPへの出資を行うほか、オリジナルアニメ作品の製作なども予定しており、アニメコンテンツのさらなる拡充を図るという。

■同ファンドの概要
ファンド総額:30億円予定
ファンド組成日:2017年 6月中(予定)
主な投資対象:アニメIPへの出資(ゲーム化窓口権の取得)、オリジナルアニメ企画

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でPick UPs!をフォローしよう!

PickUPs!編集部

投稿者の記事一覧

ゲーム業界の「今」を伝える企画/執筆チームです。WEB・紙面問わず、ゲームをはじめとするエンターテインメント分野で記事・企画を手掛けてまいります。

関連記事

  1. 【ネクソン決算】中国版『アラド戦記』の旧正月施策が奏功し過去最高…
  2. 世界AR/VR関連市場は2020年に2016年の20倍以上に拡大…
  3. イベント参加人数17万人、経済効果15億円…モバイルファクトリー…
  4. サイバーエージェントがライブ動画の広告活用に特化した専門組織「F…
  5. PS4版『ファンタシースターオンライン2』がリリースから約9ヵ月…
  6. シリーズ最新作『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』のリン…
  7. アミューズメント機器のサービス事業会社・バンダイナムコテクニカ設…
  8. KONAMI、アミューズメント施設向け電子マネー決済システム 『…

セミナー / イベント

おすすめ記事

「IP」とは何か…『グランブルーファンタジー』に学ぶIPマネジメント戦略

『ファミ通』の調査によると、昨年の国内家庭用ゲーム(コンシューマーゲーム)の市場規模は2994.8億…

ゲーム音楽プロ交響楽団「JAGMO」の衝撃 – ゲーム音楽の転換点になるのか

ゲーム音楽は、音が鳴るという意味では1970年代頃から、場面転換や表現のための楽曲としては1980年…

最近の投稿

プロモーション

お知らせ

SNS

Facebook




Twitter

PAGE TOP