Trend

カヤック、eSportsの企画・開発・運営を行うウェルプレイドと業務・資本提携合意 長期型コンテンツやメディア等を開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カヤックは、ウェルプレイドと、2017年6月9日(金)にeSports(Electronic Sports)市場を対象とした製品開発、運営に関する業務・資本提携について合意したことを発表しました。

1.業務・資本提携の目的
「eSports」とは、コンピューターゲームやビデオゲームで行われる競技のことを指します。2022年にはアジアオリンピック評議会が主催するスポーツ競技大会「アジア競技大会」において正式なメダル種目となることが発表されており、世界中でeSports市場が注目されつつあります。

一方、国内でも、コンシューマーゲーム市場はもちろんのこと、昨今ではスマートフォンゲーム市場においても対戦型ゲームが多くリリースされる流れがあり、国内外問わず、ゲーム、及びゲームプレイヤーを取り巻く環境に大きな変化が訪れています。

ウェルプレイドは、eSports市場を対象として、これまでに数多くの対戦型コンシューマーゲーム、スマートフォンゲームのeSportsイベントを企画、開発、運営を通して、ノウハウを蓄積。

一方、カヤックは、国内最大級のスマートフォンゲームコミュニティサービス「Lobi -チャット&ゲームコミュニティ-」の企画、開発、運営を通じて、ゲームプレイヤーのコミュニティ形成、及び、オンライントーナメント開催、動画技術ノウハウを蓄積してきました。また、ゲーム市場に特化したキャンペーン事業「ゲー宣部」を通じて、ゲームコンテンツのマーケティングノウハウを蓄積。

ウェルプレイドとカヤックは、両社の強みを活かして、eSports市場での新たな事業機会を創造できると考え、協議を重ねてきた結果、以下の業務・資本提携を行うことに合意しました。
(1)eSports市場でのリーグコンテンツ(長期型コンテンツ)の開発と運営
両社は、ゲームプレイヤー、ゲーム開発者に新しい体験、サービスを提供するべく、eSports市場におけるリーグコンテンツ(長期型コンテンツ)の開発、運営を行います。

(2)eSportsメディアの開発と運営
両社はPC、スマートフォンなどの多様な端末に対応した新しい基幹システムを構築し、その基幹システムを用いて、eSports市場の振興を目的とした、eSportsメディアを共同開発。

(3)両社事業のシナジー最大化
(1)、(2)を通じて、両社にて各事業の相乗効果と両社の中長期に渡る関係強化を図ります。ウェルプレイドはより多くのユーザーにeSportsに触れる機会を創出し、カヤックは「Lobi」や「ゲー宣部」などの既存サービスを用いたゲーム事業での新しいビジネス機会を創出。

2.資本提携の合意内容
ウェルプレイドが実施する第三者割当増資の全てをカヤックが引き受けることにより、カヤックがウェルプレイドの株式を取得。(第三者割当の詳細につきましては、カヤックが別途公表するIRを参照)

3.業務・資本提携日程
カヤックの取締役会決議:平成29年6月9日(金)
契約締結日:平成29年6月9日(金)
業務・資本提携開始日:平成29年6月9日(金)

4.今後の見通し
本業務・資本提携が当期の同社連結業績に与える影響は軽微であると考えていますが、今後お知らせすべき事項が生じた場合には、別途お知らせするという。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でPick UPs!をフォローしよう!

PickUPs!編集部

投稿者の記事一覧

ゲーム業界の「今」を伝える企画/執筆チームです。WEB・紙面問わず、ゲームをはじめとするエンターテインメント分野で記事・企画を手掛けてまいります。

関連記事

  1. 「Nintendo Switch」いよいよ今週金曜日発売 ローン…
  2. 『キングダム ハーツ』新作や『三國志レギオン』『オーディンクラウ…
  3. USJ『ドラゴンクエスト・ザ・リアル』詳細情報を公開 職業選択、…
  4. アプリ含むスタンプラリー意識調査 実施後対象サービスに興味を持つ…
  5. 【日本ファルコム決算】『イースVIII』『東京ザナドゥ』の海外ア…
  6. アミューズメント機器のサービス事業会社・バンダイナムコテクニカ設…
  7. 任天堂の新ハード発売週でも『Horizon Zero Dawn』…
  8. Cygamesが佐賀県、佐賀市と三者間で進出協定を締結し、佐賀デ…

セミナー / イベント

おすすめ記事

「IP」とは何か…『グランブルーファンタジー』に学ぶIPマネジメント戦略

『ファミ通』の調査によると、昨年の国内家庭用ゲーム(コンシューマーゲーム)の市場規模は2994.8億…

ゲーム音楽プロ交響楽団「JAGMO」の衝撃 – ゲーム音楽の転換点になるのか

ゲーム音楽は、音が鳴るという意味では1970年代頃から、場面転換や表現のための楽曲としては1980年…

最近の投稿

プロモーション

お知らせ

SNS

Facebook




Twitter

PAGE TOP