Trend

gumi子会社のTokyo VR StartupsがHTCとMOUを締結、VR / ARスタートアップ支援で提携

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

gumiは、子会社であるTokyo VR Startupsと台湾・HTC Corporationが、VR / AR産業の成長促進を目的としたMOU(Memorandum of Understanding : 基本合意書)を締結したことを発表しました。

今回のMOU締結は、Tokyo VR StartupsがHTCと協力の上、VR / AR産業の成長を促進することを目的としています。今後、Tokyo VR Startupsのインキュベーションプログラムと、HTCが展開している「VIVE Xプログラム」が連携し、Tokyo VR Startupsのプログラムに参加するVR / AR分野のスタートアップ企業によるグローバルな事業展開を支援していくことの合意が成されたということです。

具体的には、HTCからTokyo VR Startupsへ、VIVE Xが有するVR / AR産業に関する知見・経験を伝えるワークショップ、VIVE Xが世界各地で開催するイベントへの参加権利、VIVE Xプログラムへ参加するための支援、および、VIVE Xが有するネットワークを通じたマーケティング支援が提供されるとのことです。

HTCはこれまで世界5拠点においてVIVE Xプログラムを展開していますが、日本国内のVR / ARスタートアップのインキュベーションプログラムと連携するのは、今回が初めてのケースです。

本件の契約締結と同時に、Tokyo VR Startupsが第3期インキュベーションプログラムを開始したことも発表されました。

第1期、第2期ではVR(Virtual Reality : 仮想現実)に特化して実施されていましたが、第3期よりAR(Augmented Reality : 拡張現実)、MR(Mixed Reality : 複合現実)の開発をする企業も支援の対象になるとのこと。プログラム参加者は期間中、VR / AR / MRのプロダクト・サービスのプロトタイプを開発します。第3期の採択チームは計10社。

採択されたチームにはTokyo VR Startupsインキュベーションセンターのスペースが無償で貸与され、2017年6月から7月の最大2ヶ月間、プロジェクトのチームビルディングおよび開発計画の策定に取り組むことができます。最終選考を通過した5チーム(予定)のみ同社のメインプログラムに進むことができるということです。

Tokyo VR Startupsメインプログラムでは、各チームへ同社が500万円~1,000万円程度の出資を行い、2017年8月から11月までの間、プロトタイプ開発を支援します。その後、同社が2017年11月末から12月初めに開催を予定している「DemoDay」にて、ベンチャーキャピタルや投資家、事業会社等に向けて発表が行われ、スタートアップ企業は更なる成長を目指すとのことです。

第3期インキュベーションプログラムでは17人のメンター(参加者へアドバイスを行う各分野の専門家)が就任しました。(敬称略、50音順)

  • 秋山貴彦
    (株式会社4Dブレイン 代表取締役)
  • 足立光
    (株式会社電通 デジタルプラットフォームセンター企画調査部部長)
  • 稲見昌彦
    (東京大学大学院 情報理工学系研究科 システム情報学専攻 教授)
  • 鵜木健栄
    (日本マイクロソフト株式会社デベロッパーエバンジェリズム統括本部テクニカルエバンジェリスト)
  • 大前広樹
    (Unity Technologies Japan合同会社 日本担当部長)
  • 加藤欽一
    (ソフトバンク株式会社 サービスコンテンツ本部 VR事業推進室室長)
  • 加藤龍人
    (株式会社TBSテレビ メディアビジネス局局次長)
  • 佐々木瞬
    (株式会社ヒストリア 代表取締役)
  • 清水宏泰
    (株式会社フォーミュレーション 代表取締役社長)
  • 清水亮
    (株式会社UEI 代表取締役社長 兼 CEO)
  • 白井暁彦
    (神奈川工科大学 情報メディア学科 准教授)
  • Mike Chi
    (HTC Corporation Head of Vive X VR accelerator program APAC)
  • Tipatat Chennavasin
    (The Venture Reality Fund General Partner)
  • 野田耕平
    (株式会社博報堂 ビジネス開発局テクノロジービジネス推進部 ビジネスディベロップメントディレクター)
  • 橋本和幸
    (NVIDIAJapanシニアディレクター・エンタテインメントテクノロジー)
  • 林田奈美
    (株式会社サードウェーブデジノスBTO事業部スペシャリスト、クリエイター向けPC「raytrek」シリーズのプロダクトマネージャー)
  • 山口真
    (株式会社フジテレビジョン コンテンツ事業局長)

Tokyo VR Startupsは、コンごっもより強固な体制で、日本のVR / AR / MRスタートアップ企業を支援していくとしています。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でPick UPs!をフォローしよう!

PickUPs!編集部

投稿者の記事一覧

ゲーム業界の「今」を伝える企画/執筆チームです。WEB・紙面問わず、ゲームをはじめとするエンターテインメント分野で記事・企画を手掛けてまいります。

関連記事

  1. Cygamesが初の海外拠点として韓国現地法人「Cygames …
  2. 今週土曜日発売のシリーズ最新作『モンスターハンターXX』をPic…
  3. シリーズ最新作『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』のリン…
  4. セガが“Amazing SEGA”をコンセプトに、目のトラッキン…
  5. 東京ゲームショウ2017のメインビジュアルが決定、テーマは「さあ…
  6. Production I.Gが、スマホのタテ画面に最適化した1本…
  7. 『ポケモンGO』のゲームディレクター 野村達雄氏の半生を綴った『…
  8. 新作アプリと事前登録動向【6/4~10】大型MORPG『ミトラス…

セミナー / イベント

おすすめ記事

「IP」とは何か…『グランブルーファンタジー』に学ぶIPマネジメント戦略

『ファミ通』の調査によると、昨年の国内家庭用ゲーム(コンシューマーゲーム)の市場規模は2994.8億…

ゲーム音楽プロ交響楽団「JAGMO」の衝撃 – ゲーム音楽の転換点になるのか

ゲーム音楽は、音が鳴るという意味では1970年代頃から、場面転換や表現のための楽曲としては1980年…

最近の投稿

プロモーション

お知らせ

SNS

Facebook




Twitter

PAGE TOP