Cyac.comでe-sportsに対する意識調査を実施 e-sportsに興味のあるゲーマーは88%、月1回以上オンラインで大会を観戦する人は79%まで上昇

ゲーム大会情報サイトCyac.comを運営するニチカレは、PCまたは家庭用ゲーム機のいずれかでゲームを遊んだ人を対象に、e-sportsに対する意識についてWebアンケート調査を行い、その結果を発表しました。

調査概要
  • 調査対象 :2016年中にPC、家庭用ゲーム機のいずれかでゲームを遊んだ人(ゲーマー)
  • 有効回答数:4,459
  • 調査期間 :2016年12月19日~2017年1月23日
  • 調査方法 :WEBアンケート
回答者のプロフィール

回答者の97%が男性で、ゲーマーは圧倒的に男性が多いという結果となりました。年齢別では、24歳以下の人が69.3%を占め、若年層に集中しています。また、回答者の54%が学生でした。

調査の要旨

97%のゲーマーが「e-sports」を知っており、88%が興味を持っている
ゲーマーの間では「e-sports」の認知はかなり広まっていることがわかりました。また、興味を持っている人は昨年度より3ポイント上昇し、関心が高まっているようです。

79%のゲーマーが月に1回以上、オンラインでゲーム大会を観戦している
月に1回以上大会を観戦するゲーマーは昨年度に比べ、4ポイント上昇。「観戦しない」と回答した人は25%から21%に減少し、月に3回以上見るゲーマーは32%から35%と上昇しました。

61%のゲーマーが、「応援または注目しているプロゲーミングチームがある」と回答
こちらも昨年度より5ポイントアップしました。

43%のゲーマーが、「ほぼ毎日」ゲーム動画配信を視聴している
ゲーム動画配信を毎月1日は視聴するというゲーマーが99%で、ほぼ全員のゲーマーが動画配信を視聴していることがわかりました。また、「ほぼ毎日」視聴するゲーマーは、昨年度と比べて4ポイント上昇し、43%になりました。ゲーマーにとって、ゲーム動画配信が非常に身近なコンテンツになっていることは間違いないでしょう。

動画配信視聴の主な動機は「ゲームスキル向上のための情報収集」であり、プレイの参考となるような動画を視聴しているようです。なお、よく利用する動画配信サービスは、昨年度首位の「niconico動画」を抑え、「Twitch」が1位となりました。

ゲーム動画の配信者については、「2016年にゲーム動画配信を行った」人が38%で、昨年から変動はほとんどありませんでした。視聴回数は増加しているものの、新規にチャンネルを開設する配信者は増えていないのかもしれません。

「CyACゲーマー国勢調査2017」では、上記以外にも、ゲーマーの使用しているデバイスやブランドに対する好意度、ゲーム大会での入賞回数と恋人の有無の関係など、幅広く調査を行っており、その集計結果の一部をWeb上で公開しています。

CyACについて (https://cyac.com)

CyACはニチカレ株式会社の運営する、誰でも簡単にゲーム大会を開催可能な「ゲーム大会プラットフォーム」サイトです。ゲーム大会、LANパーティー、ゲーマー向けシェアハウスの運営など国内外問わず幅広い活動を行っています。