カドカワの「eb-i Xpress」が夏アニメの視聴意向を調査 視聴したい番組は『地獄少女 宵伽』『終物語』『魔法陣グルグル-MAGICAL CIRCLE-』

カドカワが配信する、エンターテインメントの最新消費者動向調査サービス『eb-i Xpress』では、全国の5~69歳男女を対象として、夏アニメ(2017年7月より放送開始予定のアニメ番組)の視聴意向について、実態調査が行われました。

2017年放送 夏アニメ番組の視聴意向 総合ランキングTOP20

2017年夏に放送を開始するアニメ番組のうち、「視聴したい」と回答した作品を集計した結果をまとめたランキングです。

2017年夏アニメで「最も視聴したい番組」は『地獄少女 宵伽』

今回の調査で最も視聴意向が高かった夏アニメ番組は、『地獄少女 宵伽』です。2005~2009年にかけてテレビアニメ第1期から第3期まで放送され、今回が8年ぶりの最新作となります。

『地獄少女』は、テレビアニメ化のほかにも、実写ドラマ化、舞台化と多岐にわたるメディア展開をしてきた人気ホラー作品です。旧作ファンはもちろん、幅広い層からの安定した票を獲得し、男女別および各世代別ランキングにおいてもTOP5内にランクインしています。

第2位には、2015年10月に放送された作品の続編となる、『終物語』がランクイン。原作小説(上中下巻)の下巻にあたる、「まよいヘル」「ひたぎランデブー」「おうぎダーク」を映像化。特に20代男性からの期待度が高く、多くの票を集めました。

第3位は、同名の漫画作品を原作としたギャグファンタジー『魔法陣グルグル-MAGICAL CIRCLE-』です。1994年、2000年のテレビアニメ化に続き、17年ぶり3度目のテレビアニメ放送となりました。今年は連載開始25周年という節目を迎え、主に20~30代のファンによる盛り上がりがそのまま得票につながる結果となっています。

そのほかの傾向としては、『Fate/Apocrypha』(総合5位)も20代を中心に男性からの高い支持を受け、男性のランキングで2位にランクイン。一方、女性のランキングでは『妖怪アパートの優雅な日常』(総合4位)が1位を獲得。個性豊かな妖怪・幽霊・人間が織りなす、人情味あふれるストーリーが話題を呼び、世代を問わず幅広い女性層からの票を集めました。

調査概要

国内26万人パネルから、全国47都道府県の5~69歳(※)の男女1万人超のモニターを対象に、エンターテイメント分野に関して週次でWeb調査を行う、大規模ユーザーリサーチシステム「eb-i」を元に運用。映画・テレビ・ゲーム・コミック・音楽など各エンターテイメントジャンルについて、「eb-i」から抽出したデータをもとに、一定のセグメント・ユーザー嗜好を組み合わせたクロス集計を実施。
(※)14歳以下は保護者の代理回答となります。