2017年上半期の国内家庭用ゲーム市場規模は1532億円に Nintendo Switchは発売から約4ヵ月で累計販売台数100万台

ゲーム総合情報メディア「ファミ通」は、2017年上半期の国内家庭用ゲーム市場について、以下のとおり速報を発表しました。集計期間は2016年12月26日~2017年6月25日。

■2017年上半期国内家庭用ゲーム市場規模:1532.0億円
(集計期間:2016年12月26日~2017年6月25日※市場規模はハード・ソフトの合計値)

■2017年上半期の国内家庭用ゲーム市場について

2017年上半期の国内家庭用ゲーム市場規模は、ハード・ソフト合計で1532.0億円(昨年対比114.8%)となりました。2017年3月3日に発売されたNintendo Switchが大きく貢献し、市場全体を強力に牽引。2014年上半期以来、3年ぶりにハード・ソフトの市場規模合計の昨年対比がプラスに転じています。

2017年下半期は、ゲーム業界を代表する人気シリーズの最新作『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』(スクウェア・エニックス/2017年7月29日発売予定/3DS・PS4)が登場します。また、『スプラトゥーン2』(任天堂/2017年7月21日発売予定/Switch)の発売により、Nintendo Switch本体の売り上げが、どこまで伸びるのか注目が集まるとのこと。

さらに『ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン』(ポケモン/2017年11月17日発売予定/3DS)をはじめとした大型タイトルも控えており、ハード・ソフトともに下半期のゲーム市場の活況が期待されるという。

■「Nintendo Switch」 国内推定累計販売台数
(集計期間:2017年3月3日~2017年6月25日/販売週数:17週)

国内推定累計販売台数:1,016,473台

【ニンテンドースイッチ向けソフト 国内推定累計販売本数TOP5】
(集計期間:各発売日~2017年6月25日)

1位:マリオカート8 デラックス(任天堂)2017年4月28日発売
推定累計販売本数:501,614本

2位:ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド(任天堂)2017年3月3日発売
推定累計販売本数:460,480本

3位:1-2-Switch[ワンツースイッチ](任天堂)2017年3月3日発売
推定累計販売本数:200,807本

4位:ARMS(任天堂)2017年6月16日発売
推定累計販売本数:154,845本

5位:スーパーボンバーマン R(KONAMI)2017年3月3日発売
推定累計販売本数:92,112本

任天堂のゲーム機「Nintendo Switch」(2017年3月3日発売)は、発売から17週(約4ヵ月)で国内累計販売台数100万台を突破。なお、現行の据え置き型ゲーム機と比較すると、最も早い到達週数となります。