マイネット、配信・運営するスマートフォンゲームのパブリッシャー表記を「PARADE game」に統一

マイネットは、配信・運営しているスマートフォンゲームのパブリッシャー表記を、今後「PARADE game」に統一することを発表しました。

同社は2016年7月に発表したレーベル「PARADE」の下で、移管・買収したスマートフォンゲームタイトルを運営してきました。パブリッシャー表記を「PARADE game」に統一することで、ゲームサービスレーベル「PARADE」の認知向上、ブランド展開を図るとしています。

マイネットグループとは

持株会社のマイネット、ゲームサービス事業を営む事業会社のマイネットエンターテイメント、マイネットゲームス、マイティゲームス、S&Mゲームス、ネクストマーケティング(マーケティング事業)、マイネット・ストラテジックパートナーズ(M&Aコンサルティング事業)の主要7社。

ゲームサービス業という新たな業態を確立していくことを目指しており、ゲームメーカーが制作したスマートフォンゲームを買取や協業により仕入れ、独自のノウハウでバリューアップした後に長期サービス運営を行うゲームサービス事業を主に営んでおります。 ゲームタイトル数39タイトル(2017年7月現在)