カヤック、無料で参加者の募集からトーナメントの進行対応まで一気通貫で利用できるトーナメントプラットフォームを提供開始

カヤックは、同社が運営するゲームコミュニティサービス「Lobi -チャット&ゲームコミュニティ-」(以下「Lobi」)において、2017年7月7日(金)にトーナメントプラットフォーム「Lobi Tournament」をリリースしました。

「Lobi Tournament」は、参加者の募集からトーナメントの進行対応まで、主催者がトーナメントをより円滑に管理することのできるトーナメントプラットフォームです。本サービスは、どなたでも無料で好きなゲームのトーナメントを主催するために利用できます。

■「Lobi Tournament」の特長

①エントリー募集ページの作成
エントリー募集ページは、ルールや開催日程などの必要情報をフォームに入力をするだけのシンプルな作業で完了可能。2回目以降は過去に作成したトーナメントの情報をコピーして作成することも出来ます。

②ワンボタンでトーナメント表を作成
トーナメント表は、参加者のエントリー、チェックインを締め切ったあと、ワンボタンで自動生成可能。トーナメント表の組み合わせを任意で入れ替えることも可能です。

③一目で進行状況のわかる運営画面
問題の発生している対戦にすぐに気づくことができるようになっています。対戦相手不在や勝利報告内容の間違いなどのトラブルがあった際は、勝敗の変更を主催者側で変更することができます。

④LIVE 更新されるトーナメント表
トーナメント表は試合の進行に合わせてリアルタイムに更新。主催者と参加者は、常に最新のトーナメント表と対戦相手を確認できます。

これらの機能以外にも、Lobiのグループチャットと連携し、参加者へのアナウンスや質問回答などを一箇所でまとめて対応することができる「控え室チャット機能」や、トーナメントのルールとして採用されることの多い、BANルールに対応した「BAN 指定機能」など、一部のタイトルのために専用に用意された特別な機能を使用することも可能。