Unity最新バージョン「Unity 2017.1」リリース チームがより効率的な方法で共同作業できるように

マルチプラットフォーム向け統合開発環境「Unity」を提供するユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社は、2017年7月11日(火)日本時間21時に、「Unity 2017.1」をリリースしました。

Unity2017.1の新機能には、「Timeline&Cinemachine」やUnity Team、Live-ops Analyticsやポストプロセッシングの改善などがあります。これらの新機能により、アーティスト、デザイナー、プログラマーなどからなるチームがより効率的な方法で共同作業できるようになるという。

その他、「Unity 2017.1」の詳細については、以下のブログ記事にて確認できます。
https://blogs.unity3d.com/jp/2017/07/11/introducing-unity-2017/

なお、Unity 2017より新たなリリースサイクルとなり、「Unity 2017.1」は有効なサブスクリプション(Unity Personal、PlusまたはPro)を持っている方が利用できます。Unity 5の永続ライセンスを持っている方は、Unity 5.6.xが利用できる最後のバージョン となりますので、Unity 2017以降のアップデートを受け取られたい場合は、以下のURLのウェブストアにて最適なプランを選べます。
https://store.unity.com/ja

■エッセンシャルパックキャンペーンについて
現在、Unity PlusまたはProサブスクリプションの購入特典として、アセットストアの人気アセットを無料でおつけするエッセンシャルパックキャンペーンを実施しています。

詳しくは以下のURLをご覧ください。
http://response.unity3d.com/jp-essecials-pack