タカラトミーアーツが関西国際空港に最大規模のガチャマシンコーナーを展開 日本のカルチャーが詰まったお土産「空港ガチャ」が人気

タカラトミーアーツは、外国人旅行客向けのガチャ(カプセル自販機)コーナー「JAPANESE CAPSULE TOY GACHA」を関西国際空港で増設することを発表しました。関西国際空港では、第1ターミナルビルに最大規模となる145台のガチャマシンを設置するということです。

タカラトミーアーツは、2016年7月より成田国際空港・第2旅客ターミナルにガチャマシンの設置を開始し、現在162台を常設しています。また、2017年4月からは関西国際空港の第2ターミナル国際線出発ロビーで96台、出国審査場を通った先の出国エリアで22台を設置。加えて、北海道の旭川空港に34台、東京シティエアターミナルに20台を設置し、続々と展開を広げています。いずれのコーナーも、通常のガチャ売り場の約3倍から5倍の売上を毎月達成しているとのこと。利用者の8~9割は外国人旅行客で、日本ならではのお土産として広く歓迎されるようになってきているようです。

関西国際空港ガチャ売上ベスト10(2017年7月10日現在)

【1位】『パンダの穴 ZooZooZoo 第4弾 のんきだ寝』

【2位】『シャクレルプラネット2』
『シャクレルプラネット2』顎がシャクレている動物たちのフィギュア。第1弾は全国で100万個販売した大ヒットシリーズです。

【3位】 『パンダの穴 妄想チュ~』 「アミーゴガールズ」シリーズの第4弾。“恋する中学生”をテーマに、様々なシーンを立体化しました。

【4位】『ディズニーツムツム ポケツムライト』
【5位】『トイ・ストーリー ミニカプセルマシン Part3』
【6位】『ミニオンズ マスコット』
【7位】『日本信号 ミニチュア灯器コレクション』
【8位】『カプセルプラレール きかんしゃトーマス 走れ!世界のなかまたち編』
【9位】『ハリー・ポッター マスコットコレクション』
【10位】『ひつじのショーン キャラウォッチ Part3』