〇〇サービス終了 –開発現場から愛をこめて– 第2回『ガーディアン・クルス』(後編)

シシララTVで企画記事が掲載されました。その名も「○○サービス終了 –開発現場から愛をこめて-」。

多くのゲームアプリが華やかなリリースを迎える一方で、サービスを終了するタイトルも少なくありません。とはいえ、サービスを終えたタイトルが必ずしもダメなゲームだったわけではなく、クオリティも期待度も十分に高かったはずなのに何故か運営に行き詰まってしまうというケースもあるのです。運営型のゲームが避けて通れない、「サービス終了」。本企画ではあえてそこにフォーカスし、シシララTVのゲームDJ・安藤武博を聞き手に、サービス終了タイトルの担当者の方々に真っ向からお話しを伺いました。インタビューでは当時の状況や今後に伝えていきたいノウハウなど、他では聞けない話題が展開されました。

今回のテーマはスクウェア・エニックスのスマートフォン向けゲーム『ガーディアン・クルス』です。プロデューサーの田付信一さんはゲームDJ・安藤さんとは元々上司と部下の関係。今回も互いに忌憚のない議論が交わされました。

対談より

田付:たしか安藤さんと一緒に仕事していたとき、ディレクターとプロデューサーの役割の境界線について話したことがありましたよね。「これはディレクターの仕事だろ」「プロデューサーはここまでだろう」とか。たとえば、僕は開発現場に入りすぎてしまうプロデューサーで、よく安藤さんからも「もっとプランナーを尊重しなさい」と言われたことがありました。

安藤:あった、あった。2Dのキャラクターが並んでいて、敵と味方、どちらが左に来たほうがしっくり来るかという議論で大喧嘩するという(笑)。そんなんディレクターに任せろよ!嫌です!と。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

You may also like...