ドリコム『ダービースタリオン マスターズ』 ヒットの要因を開発とマーケティングから探る

ドリコムの2017年3月期 第3四半期(10-12月)の決算は、売上高22億7,300万円(前四半期比37.4%増)、営業利益1億5,000万円(同15.5%増)、経常利益1億2,800万円(同29.6%増)、純利益は2億4,600万円(同338.5%増)となり、前四半期比で大幅な増収増益を記録しました。

ビジネスを牽引したのは、同社の新作アプリ『ダービースタリオン マスターズ(以下、「ダビマス」)』。リリース直後から垂直的な立ち上がりを見せて以来、現在もセールスランキングで高い順位を維持しています。さらにドリコムの発表によれば、運営開始から約2ヶ月で7.4億円の売上を積み重ね、直近では2017年1月に単月で4.5億円のセールスに達しました。

このヒットの要因をどう見るか。開発とマーケティング、異なるの視点から、それぞれの取り組みを伺いました。

 

You may also like...