2016年の国内ゲーム市場規模は過去最高の1兆3801億円に スマホゲーム含むオンラインPF市場が約75%を占める

ゲーム総合情報メディア「ファミ通」が、『ファミ通ゲーム白書2017』を6月8日に発刊する。

『ファミ通ゲーム白書2017』では、2016年の世界ゲームコンテンツ市場規模を8兆9,977億円と推定している。これは家庭用及びPC向けパッケージゲーム市場の1兆1,531億円と、デジタル配信ゲーム市場(モバイルゲーム、PC配信ゲーム、家庭用ゲームデジタル配信)の7兆8,445億円を合算したもの。

パッケージゲーム市場は微減したものの、デジタル配信ゲームはモバイルゲームを中心にゲーム内課金の収益が増加したこと、また、欧米で家庭用ゲームでもデジタル配信が増えたことから、デジタル配信ゲーム市場は前年より10%以上拡大し、市場全体が伸長する結果となった。

『ファミ通ゲーム白書2017』 おもなトピックス
2016年の国内ゲーム市場は過去最高の1兆3,801億円

2016年の国内家庭用ゲーム市場規模は、ハード・ソフト(オンライン含む)合計で3,440億円。一方、オンラインプラットフォーム市場は1兆361億円に達し、国内ゲーム市場全体の約75%を占めている。オンラインプラットフォーム市場がゲームビジネス全体の拡大を牽引した結果、2016年の国内ゲーム市場は過去最高の1兆3,801億円となった。

 

2016年の国内ゲームアプリ市場は9,690億円

2016年は『ポケモンGO』が世界的ブームとなり、国内のゲームアプリ市場規模も前年比4.4%増の9,690億円となった。

 

2016年の国内ゲームユーザーは4,446万人、約半数がアプリゲームのみをプレイ

『ファミ通ゲーム白書2017』ではゲームユーザー数と分布状況の推計も行っている。それによれば、2016年のゲーム人口は4,446万人で、その内、アプリゲームのみをプレイするユーザーは前年より190万人増え、国内ゲーム人口全体の半数に迫る2,024万人であることがわかった。今後はアプリゲームのユーザーがゲーム人口全体に影響を与えると見られている。

『ファミ通ゲーム白書2017』概要
  • 書名:ファミ通ゲーム白書2017
  • 編集:カドカワ株式会社 マーケティングセクション
  • 編集長:藤池隆司
  • 発売日:2017年6月8日
  • 価 格:PDF(CD-ROM)+書籍セット版: 61,000円、税書籍版: 37,000円+税、PDF版(CD-ROM)版: 34,000円+税
  • 総頁数:462頁
  • 本書の紹介ページ:https://www.f-ism.net/fgh/2017.html

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

You may also like...