日本のヘビーユーザーは1日に4時間以上アプリを利用 AppAnnie『消費者のアプリ利用状況レポート Part2』 

App Annieは、『消費者のアプリ利用状況レポート』を公開した。今年5月に公開した第一弾に続くレポートとなる。

 

アプリの利用時間とインストール数の動向
世界のアプリ合計利用時間は2021年までに3兆時間を超える

今回のレポートで、AppAnnieはモバイルアプリの総利用時間が2021年に3.5兆時間を超えると予想している。新興市場におけるインストールベースの爆発的な伸びが、APACの市場拡大を牽引すると見られている。

 

利用時間の動向:日本のアプリユーザーの上位20%は1日に4時間以上をアプリに費やす

国別にアプリの利用時間を見てみると、韓国、メキシコ、ブラジル、日本、インドで、スマートフォンユーザーの上位20%は1日に4時間以上アプリを利用していることが明らかとなった。さらに注目すべきなのは、新興市場のメキシコ、ブラジル、インドでは、中央値と下位20%のユーザーの利用時間が他の国を上回っている点だ。WhatsAppなどのアプリが広く普及し、モバイルファーストのライフスタイルが出現したことで、こうした国々の最も利用度の低いユーザーの間にまでアプリ利用が定着している様子が表れている。

 

インストール数の動向:日本は20%以上の人が月に4本以上アプリをインストール

世界のユーザーは新たなアプリを活発にダウンロードしている。2017年5月には、すべての調査対象国でユーザーの65%超が1本以上のアプリをインストールした。また、調査対象国の半数で、ユーザーの半数超が2本以上のアプリをインストールした。さらに、その内、日本においては20%以上の人が月に4本以上のアプリをインストールしている。

 

カテゴリ別のアプリ利用状況
旅行アプリ:米国では1ヶ月に2時間以上利用で世界第1位、日本は対象9カ国中8位

ユーザーあたりの利用時間において、「旅行&地域」カテゴリーは重要性を増している。米国では、ユーザーが同カテゴリーのアプリを利用する平均時間は今や1カ月に2時間を超えたほか、他の国でも大きな伸びを示している。これらのアプリを利用するユーザーの割合はすでに75%を超え、ほとんどの調査対象国が増加傾向であることから、App Annieは旅行カテゴリが今後成長基調になると予測している。

 

ショッピングアプリ:日本は1ヶ月に約90分利用で世界第3位

「ショッピング」および「ファイナンス」カテゴリーの利用状況では、日本のユーザーがショッピングアプリに1ヶ月あたり約90分を費やすことがわかった。これは韓国・インドに次いで世界第3位。

ショッピングアプリの利用状況は国によって大きく異なる。たとえば、ドイツはショッピングアプリの平均利用時間が4位だったが、全カテゴリーでのアプリ平均利用時間は7位にとどまっている。ドイツのユーザーでよく利用されているショッピングアプリは「eBay」と、eBayのドイツ版クラシファイド広告アプリである「eBay Kleinanzeigen」だった。

ブラジルは調査対象国の中で唯一、ファイナンスアプリの平均利用時間がショッピングアプリを上回った。特にバンキングアプリの利用が進んでおり、ブラジルではBanco do Brasilを筆頭に6本のバンキングアプリが普及率10%を超えている。一方、米国で普及率10%を達成しているバンキングアプリは無かった。

 

ゲームアプリ:ハードコアなユーザーによるゲーム利用時間が増加

モバイルゲームプレイヤーの上位10%によるゲーム利用時間は前年同期比で増加した。この層の伸びが中央値の伸びを上回っていることから、業界は今後、コア層をターゲットにする傾向を強める可能性がある。他国を大きく引き離す日本と韓国でさえ、上位10%のゲーム利用時間は前年同期よりさらに増加した。これら2ヶ国の上位ゲーマーは、1日に約3時間をゲームに費やす。特にこれらの国では、ハードコアなモバイルゲームが圧倒的な人気を維持している。韓国では、『リネージュ2 レボリューション』がその代表例だ。同作は2017年第1四半期、韓国のゲーム全体における合計利用時間とユーザーあたり利用時間でいずれも1位を獲得した。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

You may also like...