日本のユーザーは利用1時間あたりのアプリ支出額が世界トップ App Annieの調査で判明

App Annieは、アプリ市場の現状をアプリストア収益、アプリ内広告、およびモバイルコマースの3つの観点から分析し、さらには2021年までの市場動向を予測した『マネタイズモデル調査レポート』を公開した。

世界のアプリビジネスは今後5年で約5倍の規模に

レポートでは、2016年における世界のアプリビジネスの市場規模を1兆3,000億ドル(約146兆円)と推定し、5年後の2021年には6兆3,000億ドル(約707兆円)まで拡大すると予測している。ユーザー数は2016年の34億人から、2021年には63億人に増加する。また、アプリの総利用時間はさらに長くなり、2016年ではのべ1兆6,000億時間だったのが、2021年には3兆5,000億時間に達するとされ、5年間で18%の成長が見込まれている。


全世界のユーザー1人あたりの年間支出額は、379ドル(4.3万円)から1,008ドル(11.3万円)へ増大し、5年間で22%の市場成長率となる。この予測の背景にはモバイルコマースの普及と拡大がある。

日本のユーザーは、アプリ利用1時間あたりの支出額が世界トップ

アプリのジャンルにかかわらず、アプリによる収益はそのアプリの利用時間と各セッションの価値で決まる。App Annieの分析によれば、アプリストア、アプリ内広告、モバイルコマースを合計したユーザー1人あたりの1時間の世界平均支出額は2016年には0.80ドル(90円)だった。ただし、国・地域ごとに大きな隔たりがあり、たとえば、日本はユーザー1人あたりの1時間の平均支出額が13.98ドル(1,570円)と非常に高く、デバイス1台あたりのアプリストアでの平均支出額でも123ドル(1.38万円)で、シンガポールと韓国の67ドル(7,500円)を大きく引き離す結果となった。

各マネタイズ方式の見通し
アプリストア

全モバイルアプリストアにおける消費者支出額は今後5年間で年平均18%成長し、2021年に1,390億ドル(15.6兆円)に到達する。その内の42.9%にあたる600億ドル超(6.7兆円)をiOSのApp Storeが占めると予測され、2017年にはGoogle Play(およびサードパーティのAndroidストア)の収益額がiOS App Storeを追い抜くとしている。これは、中国のモバイルファーストな消費者が市場の成長を牽引すると予測されるためだ。

なお、ゲームアプリによるアプリストアを介したマネタイズは、2016年の500億ドル(5.6兆円)から2021年には1,050億ドル(11.8兆円)に拡大し、アプリストアでのマネタイズの過半数を占める。

アプリ内広告

アプリ内広告の世界市場規模は、2016年では720億ドル(8兆円)、2021年には約3倍に相当する2,010億ドル(22.5兆円)に成長する。特に、アジア太平洋地域は年平均25%と高い成長率を示し、850億ドル(9.5兆円)にまで達する。

モバイルコマース

世界のモバイルコマースは他のマネタイズモデルを上回る年平均38%のペースで成長し、世界の総支出額は2021年に6兆100億ドル(675兆円)となる。また、2016年のユーザー1人あたりの年間支出額は344ドル(3.9万円)だったのが、5年後には946ドル(10.6万円)まで増加する。

地域別に見ると、すでにアジア太平洋地域ではモバイルコマースが急速に普及しており、今後も世界最大の市場であり続けるとされている。南北アメリカでもモバイルコマースが盛んに利用され、年平均44%という驚異的な成長を遂げる。EMEA(ヨーロッパ、中東及びアフリカ)の市場規模はまだそれほど大きくないが、5年後には現在の5倍近くに拡大し、1兆ドル(112兆円)に到達する。

 

国別ハイライト
中国

2016年、中国は8億人を超えるモバイルユーザーが3,900億時間を費やす巨大な市場となっている。ユーザーは比較的所得の低い人に集中している一方、高所得者層はアプリやモバイルコマースと極めて高い親和性を示している。さらに、中国のアプリ市場の成長は、アプリストアだけでなく、アプリ内広告も寄与しており、広範な要因に支えられている。


中国のアプリストアにおける消費者支出額は、2016年の190億ドル(2.1兆円)から年平均24%のペースで成長を続け、2021年には560億ドル(6.3兆円)超に増大すると予測されている。広告収益も堅調に推移し、中国でのパブリッシャーの収益は2016年の105億ドル(1.17兆円)から2021年には480億ドル(5.4兆円)となり、年平均で36%近い大変な活況が見込まれている。

アメリカ

アメリカのアプリストアにおける消費者支出は今後年平均21%で成長し、2021年には310億ドル(3.5兆円)を突破する。支出の内訳を見ると、非ゲーム系アプリ(動画、音楽、スポーツ、マッチング系、教育、仕事効率化)の利用が進んでおり、特に、動画サービスのサブスクリプション化が支出増大に貢献した。広告を通した支出も成長が予測され、パブリッシャーの収益は2016年の280億ドル(3.1兆円)から2021年には725億ドル(8.1兆円)となり、今後5年間で年平均22%の成長を遂げる。この成長を牽引しているのは、非ゲーム系アプリにおける広範な広告マネタイズだ。

アジア太平洋地域、特に中国と比較すると、アメリカの消費者は今のところモバイルコマースにそれほどマネーを費やしてはいない。だが、「Uber」のようなライドシェアリングアプリと「Chase」「Capital One」「PayPal」のようなフィンテックアプリの利用が高まることで、今後は若年層が市場の成長を牽引すると予想される。

今後5年間でパラダイムシフトをもたらすもの
レポートでは、今後5年間でアプリ市場にパラダイムシフトをもたらすものとして、拡張現実、モバイル決済、5G、UIとUXの改良、そして人工知能が挙げられており、あらゆる国の企業に巨大なチャンスが生まれると、まとめている。

You may also like...