ネクソンが明らかにしたモバイルゲーム戦略 徹底したローカライズとカルチャライズで世界市場を見据える

ネクソンが好調です。2017年8月10日(木)に発表された第2四半期累計(1月-6月)の業績では、売上収益1,218億5,600万円(前年同期比27.4%増)、営業利益560億4,000万円(同228.1%増)、最終利益393億5,400万円(同2,947.1%増)と大幅な増収増益となりました。

収益に大きく寄与したのは利益率の高い中国でのビジネスです。人気PCオンラインゲーム『アラド戦記』は運営9周年を迎え、アイテムの売上が大幅に増加しました。ユーザーを離さない長期運営力が業績に表われています。

さて、下の図は昨年度第2四半期の地域別売上構成比率とプラットフォーム別売上構成比率です。時期によって異なりますが、ネクソンの売上構成比率はPCゲームが8割近くを占めています。「オンラインゲームはネクソン」というキャッチコピーどおり、PCを主戦場として成長を続け、グローバル市場でも優勢を維持しています。

▲平成29年12月期第2四半期決算説明資料より抜粋(一部編集)

一方、モバイルゲームでも著しい成長を遂げています。特に日本での主な収益源はモバイルゲームとなっていて、『HIT』や『ハイドアンドファイア』といったタイトルが人気です。また、コーエーテクモゲームスの代表的人気シリーズ『真・三國無双』をモチーフとした『真・三國無双 斬』もヒットしました。同作の開発は台湾のXPEC Entertainmentで、ネクソンはパブリッシングを担当しています。英語版が今年の3月から139の地域(日本と中国を除く)で配信され、韓国、台湾、香港ではセールスランキングでTOP3入りを果たしました。

▲平成29年12月期第2四半期決算説明資料より抜粋

PCオンラインゲームからモバイルゲームへと進出を続けるネクソン。8月17日には同社による国内モバイルゲーム事業説明会が開催され、これまでの取り組み、市場動向、新作情報などを中心に、事業戦略の詳細が発表されました。

ネクソンのモバイルゲーム戦略

説明会では、ネクソンのモバイル事業本部 本部長・金 起漢(キム キハン)氏が同事業部のこれまでの取り組みを紹介。モバイル事業本部は2015年8月に設立され、現在は約70名のスタフが在籍。運用、技術、プロダクション、ローカライズ、QA、マーケティングなど多岐にわたる機能を備えています。

▲金 起漢(キム キハン)氏

同本部が設立された2015年はネイティブシフトのタイミングでもあり、モバイルゲームといえども、より高いゲーム性と豊富なやり込み要素が求められるようになってきた頃でした。この動きを受け、開発費は高騰、競争も激化し、ネクソンは難しい市場環境の中で事業本部を旗揚げすることになります。しかし、金氏は「出遅れたとは思っていない」と話し、PCオンラインゲームで培われた運営ノウハウを基礎としつつ、モバイルゲームの開発に特化した子会社gloopsからも各分野のスペシャリストが合流し、モバイルゲーム事業を推進しているとのこと。

2016年後半にはコンシューマー向けのRPGに匹敵するようなタイトルも登場するようになりましたが、メインストリームのトレンドとはあえて距離を置き、グローバルな視点からラインナップが選定されています。

ラインナップの拡充が奏功し、累計の登録ユーザー数は約2年間で16倍以上に急成長。毎月の平均DAUを見ると、『HIDE AND FIRE』のリリースをきっかけに倍以上に増加したことがわかります。



事業本部が設立された2015年から2年足らずで売上は約8倍に達しました。2017年第1四半期は『HIT』のマスプロモーションに成功し、過去最高の売上を計上しています。


運営タイトルの概況
ドミネーションズ -文明創造-
日本では2015年8月にリリースされた歴史ストラテジーゲームの決定版。現在ではセールスランキングの順位も落ち着いてきていますが国内ユーザーの継続率は依然高いとのこと。息の長いタイトルになりそうです。
HIDE AND FIRE
ネクソンの快進撃の契機となった『HIDE AND FIRE』はノンIPタイトルでありながらロングランヒットを記録。マスプロモーションに依存せず、日本向けにキャラクターイラストを一新、シナリオも全て書き下ろされ、徹底したカルチャライズとマーケティングで大きな成功を収めました。
HIT
ネクソンのモバイルゲームで最大のヒットタイトルとなったのが『HIT』です。横持ち型の本格的な3DアクションRPGはまだ日本で成功事例がなく、当時は不安を感じながらのリリースだったとのこと。しかし、それも杞憂だったようで、金氏は「韓国の開発力の高さが伝わったと思う」と本作を振り返りました。
『HIT』も日本向けにカルチャライズが行われています。『HIDE AND FIRE』と同様にキャラクターとシナリオが大幅に変更され、日本語版にはオリジナルコンテンツを追加。これもユーザーの支持を集めました。
StraStella(ストラステラ)
8月3日にリリースされた新作シミュレーションRPG。ロボット×美少女という日本では鉄板の組み合わせでも、ネクソンでは初。見かけによらず戦略性が非常に高く、遊ぶ人を選ぶところがあるかもしれません。そのせいか、セールスランキングで目立った動きは見せていませんが、金氏によればDAU、継続率ともに右肩上がりということで、期待が高まっています。
その他のフィーチャータイトル
買い切り型の3Dパズルゲーム『After The END』のほか、完全無料で提供するタイトルもあり、マネタイズよりも良質なゲームを揃えることに重きを置いている姿勢が窺えます。
ネクソンは世界中のデベロッパーと提携し、オリジナリティの高いゲームを市場に送り出してきました。しかし、本当に面白いゲームであっても「クオリティが高いだけでは(市場で生き残るのは)難しい」と金氏は話します。『HIDE AND FIRE』『HIT』の成功例のとおり、「細やかなローカライズとカルチャライズが重要。この2年間でそのことを実感した。今後もパブリッシャーとして質の高い作品を提供するため、ローカライズ、カルチャライズにはしっかり準備期間を設けるようにしたい」と、戦略の方針を明らかにしました。


新作パイプライン
※ゲーム画面・動画及び情報に関しては開発段階のものです

野生の地:Durango
恐竜が生息する原始的な世界「Durango」を舞台としたモバイルMMORPG。「Durango」に突然ワープしてしまったプレイヤーたちは、現代から持ち込んだ道具やテクノロジーを駆使して厳しい自然環境を生き抜いていきます。他のプレイヤーたちとの協力がコミュニティ発展のポイントとなるようです。韓国では2017年にリリース予定ですが、日本での公開時期は未定。

Tree of Savior:Mobile Remake
PCオンラインゲーム『Tree of Savior』がモバイル向けに登場。2017年2月にはネクソンの連結子会社である NEXON Korea Corporationが、開発元のIMC GAMESとグローバルパブリッシング契約(中国語圏を除く)を締結しました。日本での配信時期は未定。

ファイナルファンタジーXI リブート

スクウェア・エニックスのMMORPG『ファイナルファンタジーXI』をネクソンがモバイル向けに開発中です。ジョブシステムや連携などの基本システムを踏襲しつつ、バトルはよりピーディーにプレイできるように改良を加え、スマートフォンでも快適なプレイを実現するということです。

GIGANT SHOCK
様々なスキルを備えたキャラクターでパーティを組み、巨大なモンスターを攻略するアクションRPG。シングルプレイモード、PvPモード、さらに最大3人のリアルタイムマルチプレイが可能とのこと。開発元のCarbon Eyedは、PCオンラインゲーム『Dragon Nest』のEyedentity GamesでかつてCEOを務めたイ・ウンサン氏が2014年に設立したゲームスタジオ。イ氏はNHN EntertainmentとNHN USAでも代表取締役社長として手腕を振るった実績があり、Carbon Eyedには日本でも人気を集めた『LINE POP』の開発者を中心に才能豊かなクリエイターが揃っています。日本での配信時期は未定ですが、リリースが待たれる期待作です。


ここで紹介したのは開発パイプラインのほんの一部でしかありません。ネクソンは有力デベロッパーとワールドワイドな協業の下、良質なモバイルゲームを次々と市場に投入しています。そして、その積極的な姿勢を支えているのは徹底したローカライズとカルチャライズです。『HIT』に続く“ヒット”作に期待がかかります。

You may also like...