『SINoALICE』のエフェクトアーティスト・池田博幸氏が講演 絶望的ワガママを叶えた美しくもエグい“女神エフェクト”

2017年8月24日、渋谷・サイバーエージェント社のCREATIVE Loungeにてクリエイター向け勉強会「サムザップテックナイトvol.5」が開催されました。スマートフォン向けゲーム業界の活性化を目的としてサムザップが主催するイベントで、今回は人気タイトル『SINoALICE(シノアリス)』でバトルエフェクトを手掛けた池田博幸氏がゲストとして登壇しました。

池田氏によれば、『SINoALICE』のバトルが美しくも“エグい”のは、リアルさとアニメ表現を混ぜ合わせた「女神エフェクト」によるもの。しかし、プランナーから寄せられるワガママ(要望)は“絶望的なほど”多く、それらをいかにして解決していったのかが丁寧に解説されました。

講演終了後には、サムザップのアニメーションマネジャー・和田雄介氏との対談が行われ、活発な議論が交わされました。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

You may also like...