LogicLinks代表・元『グラブル』プロデューサーの春田康一氏が語る、完全週休2.5日制に込められた願い

TVアニメ化、コミカライズなど様々なメディア展開を経てきた人気モバイル向けRPG『グランブルーファンタジー』。同作の元プロデューサー・春田康一氏は昨年に『グランブルーファンタジー』立ち上げ時のプロデューサーである木村唯人氏にプロデューサー職を交代し、後にゲームデータ分析や、ゲーム開発サポート事業を行う株式会社LogicLinksを立ち上げました。

あれから1年が経った今、春田氏は新天地で新しい働き方を模索しています。新会社LogicLinksの「完全週休2.5日制」と、春田氏の考える“働きやすさ”とは何か。その思いと今後の展望を語っていただきました。

インタビューより

ゲームを愛するユーザーと、本気でゲームを作っている人たちをリンクさせていくことが、今の私の夢ですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で

TAKANORI HARA
角川でゲーム雑誌とWebメディアの編集を経験した後、大手ゲーム会社でマーケティング、広報など多数のPR業務に従事。その後Social Game Info 副編集長、Sp!cemart 編集長を務める。2017年に独立・起業。現在はゲームビジネスに関連した企画・取材記事を、自社メディアで発信。

Must Read

『Ash Tale~風の大陸~』 レッドオーシャンで戦略スキーマを磨き上げる

 海外発のオリジナルMMORPG『Ash Tale~風の大陸~』はなぜヒットしたのか。今回のケースで成否を分けたのは、異なるスキーマと多くの接点を持ったこと。取材を含む運営・マーケティングの観点から分析した。