ゲームの世界観とは何か 『シノアリス』と『アナザーエデン』のクリエイター陣が勢揃い

2017年11月13日(月)、東京・六本木のグリー本社でグリーのアプリ開発スタジオWright Flyer Studiosが主催するゲームクリエイター向け勉強会「Flyers’ Lab」が開催されました。2回目の開催となる今回は、『SINoALICE(シノアリス)』(ポケラボ)の原作・クリエイティブディレクターを務めたヨコオタロウ氏(写真中央)、『アナザーエデン 時空を超える猫』(Wright Flyer Studios)のシナリオを担当した加藤正人氏(写真右)をゲストに迎え、「ゲームの世界観」をテーマに注目の対談が実現。

セッション後半は、『SINoALICE』と『アナザーエデン 時空を超える猫』(以下『アナザーエデン』)の開発スタッフもトークに参加し、Wright Flyer Studiosで『消滅都市』のシリーズディレクターを務める下田翔大氏(写真左)の進行の下、世界観作りとゲームクリエイターのあるべき姿を巡る活発な議論に会場が湧きました。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

You may also like...