運営8年目の着せ替えアプリ『ポケコロ』、長く愛される秘訣をマーケティング・ブランディングの観点から探る

 リリースから7周年を迎える大人気のキャラクター着せかえアプリ『ポケコロ』(提供:ココネ)。本作は、キャラクターのお洋服や、お部屋をコーディネートして、自分だけの星をつくるアプリです。飾れるアイテムは3万点以上あり、組み合わせは自由自在で、作ったキャラクターを通じて、友達とのコミュニケーションを楽しめます。

 長期運営アプリとして、幅広いユーザーから支持されている同作は、アプリストアのセールスランキングでも平均50位以内をキープしています。昨今、サービス終了タイトルが相次ぐなかで、なぜ『ポケコロ』は長く愛されているのでしょうか。

 本稿では、ココネ株式会社のご担当者からお話を伺い、マーケティング・ブランディングの観点から『ポケコロ』の魅力を紐解いていきます。

[Topics]
■親子三世代で遊ばれる大ヒットアプリ、次なるアプローチ
■運営8年目、新規・既存のターゲット層は
■“『ポケコロ』を楽しむ時間の価値”を想起させる

 

インタビューより
各タイトルで定期的にお客様を招いたグループインタビューなどを実施しています。そこで寄せられたご意見やアイデアを、実際に企画化するというサイクルもできています。お客様と直接お話できる機会は、我々としても大変勉強になりますし、実際に喜んでいただくかともあります。

ココネ株式会社 マーケティング&コミュニケーション室 室長 中嶋光 氏

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

You may also like...