スタジオヘッド塩川の創遊話 第2回 シニアマーチャンダイザー・恩田昌寛

ディライトワークスの新スタジオ SWALLOWTAIL Studios でスタジオヘッドを務める塩川洋介さんが、社内外のクリエイターにインタビューする「スタジオヘッド塩川の創遊話(そうゆうはなし)」。

この企画は、ディライトワークスがゲームファンに向けて自ら情報発信することを目的として始まりました。PickUPs!では本企画の取材・編集を担当しています。ゲームクリエイターのみならず、ゲーム会社によるオウンドメディアの活用事例として、マーケターも注目の内容です。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
MIE KAMIYA
富士通マーケティングに入社。その後、クラウドサービスを開発・運用する企業へ転職し、マーケターとプロジェクトマネージャーを務める。元来ゲーム好きということもあり、現在はゲームビジネスを得意分野とするライターとして執筆を続けている。

Must Read

『Ash Tale~風の大陸~』 レッドオーシャンで戦略スキーマを磨き上げる

 海外発のオリジナルMMORPG『Ash Tale~風の大陸~』はなぜヒットしたのか。今回のケースで成否を分けたのは、異なるスキーマと多くの接点を持ったこと。取材を含む運営・マーケティングの観点から分析した。