6周年の大規模宣伝の舞台裏も取材! 知っているようで知らない世界、『にゃんこ大戦争』のマーケティング施策を徹底解剖

“キモかわにゃんこゲーム”でお馴染みの『にゃんこ大戦争』は、2012年11月25日にリリースされ、現在7年目を迎えている長期運営タイトルです。横スクロールタイプのシンプルなタワーディフェンスゲームの面白さはもちろん、一度見たら頭から離れない、にゃんこたちのキャラクターデザインも相まって老若男女幅広い層から親しまれています。

また、驚くべきなのが、長期運営タイトルにも関わらず、無料ダウンロード及びセールスランキングでは、今なお上位にランクインしていることです。同じ2012年にリリースされた『パズル&ドラゴンズ』に負けず劣らぬロングセラーを記録しています。そして、2019年3月現在では、シリーズ累計4200万ダウンロードを突破。

さて、そんな『にゃんこ大戦争』ですが、6周年のタイミングでTVCMを含む大規模なプロモーション施策を実施しました。これまであまり大規模なプロモーション施策を展開してこなかった同作ですが、なぜこのタイミングで実施されたのでしょうか。そして、どのような成果が得られたのか。本稿では、『にゃんこ大戦争』の6周年の宣伝舞台裏を取材。

[Topics]
■運営7年目でも人気は健在…むしろ伸長!? 『にゃんこ大戦争』の生態
■満を持して迎えた大規模プロモーション 膨大なコラボ案件も探る
■4年ぶりのTVCMに仕掛けた“にゃんこらしさ”
 

インタビューより

実は、真正面からこの子(にゃんこ)たちをクリエイティブとして使いたかったのです。今挙げた“らしさ”をストレートに叩きつけたとき、どういう反応になるのか。ある意味、実験でもありましたが、今後の長期のブランドストーリーを考えたとき、世に放つクリエイティブとしてこの子たちを真正面から当てるのがベストだろうと思いました。

ポノス株式会社 マーケティング室 室長 チーフプロデューサー 村山秀幸 氏



You may also like...