パラリンピックが初のゲーム化 制作は『FFXV』元ディレクター・田畑端氏のJP GAMESが手掛ける

国際パラリンピック委員会(以下:IPC)は、東京パラリンピックに向け、初のオフィシャルゲーム『THE PEGASUS DREAM TOUR(ザ ペガサス ドリーム ツアー)』を制作することを発表した。

この取り組みは、特に若年層での認知度向上を目的としており、IPCの広報戦略のひとつとして位置付けられている。

本作の制作は、『ファイナルファンタジーXV』の元ディレクターとして知られる田畑端(たばた はじめ)氏のJP GAME株式会社が担当し、2020年に全世界でローンチされる予定だ。

『THE PEGASUS DREAM TOUR』は、ペガサスシティという仮想の街を舞台に、もうひとつのパラリンピックを体験できるスポーツRPG。ハードは、スマートフォンを含む様々な機器でプレイ可能だとしている。

関係者のコメント

IPC 会長 アンドリュー・パーソンズ 氏(Andrew Parsons)
2020年東京パラリンピックに先立ち、私たちは世界中の若い観客を新たに獲得するための革新的な方法を探究したいと熱望しています。
このゲームは、パラリンピックへの関心を高めるとともに、世界中の人々がより気軽にこの大会が持つ熱気や情熱、興奮を体験し、楽しめることに貢献してくれると私たちは確信しています。
パラリンピックの競技は傑出したものであり、また、他の大会とは違い、障害を持つ人々に対する考え方を変革させることに貢献するものです。私もこのゲームをプレイしてみることを楽しみにしていますし、傑出したパラアスリートたちの能力がどのように表現されているのかを、とても楽しみにしています。

JP GAMES 田畑端 氏
本作は純粋なスポーツゲームではありません。パラリンピックスポーツならではの魅力を、JP GAMESが得意とする新しいロールプレイングゲームとして最大限に描きます。
このゲームを通じて、パラリンピックがスポーツとしてだけではなく、エンターテインメントとしても更に発展し、私たちの未来にとって、より価値のあるコンテンツになって欲しいと考えています。

You may also like...